スポンサーリンク

王女未央 あらすじ28話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ28話

「お妃選び」

李常茹は拓跋余(南安王)の話を盗み聞きし、李未央が涼の王女だと知ります。

拓跋余(南安王)の妃の座を狙う李常茹(りじょうじょ)は、彼が

李未央をどう思っているか探ろうとします。

南安王は、李未央にも価値はあるが忠誠となれば別だと李常茹の手を取り、どう比べても そなたの足元にも及ばぬ。私にとって そなたは特別だと言います。

一方、李長楽は拓跋濬(高陽王)を手に入れようと太子妃を味方につけます。

その頃、涼の王女だったことを打ち明けた李未央と拓跋濬は互いの心を確かめ愛を誓い合っていました。

同じ頃、君桃と李敏徳は崖から落ちた李未央と高陽王を必死に捜していました。

李敏徳は李未央と高陽王を見つけますが、2人が抱きしめ合っているのを見てショックを受けます。

拓跋濬(高陽王)と李未央は無事に帰宅します。

太子妃に李長楽との縁談を進められようとした高陽王は、李未央とは

相思相愛だと訴えます。

一方、拓跋廸は李敏徳が柔然 可汗の息子だと偶然知ってしまいます。

そんな中、太武帝は李長楽と李未央のどちらが高陽王の妃に相応しいか比べることにします。

高陽王は李未央に、そなたと母上とは何があっても離れぬ。この先どんな苦難が待ちかまえようと、そなたと心は1つだ。決して離れぬと誓います。

つづく

王女未央 あらすじ28話

(感想)

高陽王と李未央が愛を誓え合えてよかったと思ったら、

母親が長楽を妃にしようとしてしていて、まだまだ不安が残るね😩

コメント

タイトルとURLをコピーしました