スポンサーリンク

王女未央 あらすじ30話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ30話

「愛のため国のため」

拓跋濬(高陽王)は太武帝に命を撤回してくれるよう跪き、意識を失います。

心が傷ついた拓跋濬(高陽王)は、薬で治せるのは症状だけで病の根は心にあるから手には負えないと太医に告げられます。

そんな中、拓跋濬(高陽王)は太医の格好をして屋敷を抜け出して李未央(りびおう)の元へ向かいます。

それを知った太武帝は激怒して彼を勘当し、庶人に落とし 生涯 都入りを禁ずと勅命を出します。

一方、国境付近では宋の使者が李未央を手篭めにして、その罪を拓跋余(南安王)にかぶせて魏を攻撃する口実にしようと企んでいました。

李未央を助けた拓跋濬(高陽王)は、宋の攻撃から国境を守るため

南安王に、未央を平城へ送り届けてくださいと頼み、国境の町に向かいます。

高陽王は宋の先鋒部隊に立ち向かい勝利しますが、じき宋の主力が着くのでより厳しい戦いになるだろうと兵たちに鼓舞します。

つづく

王女未央 あらすじ30話(感想)

南安王は、幼い時に狭い場所に閉じ込められたことがトラウマになり、閉所恐怖症なのかも…💦

私も、閉所恐怖症なので気持ちがよく分かる😢

コメント

タイトルとURLをコピーしました