スポンサーリンク

王女未央 あらすじ31話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ31話

「奇襲作戦」

李未央たちは南安王と別れ、拓跋濬(高陽王)のいる国境の滑台(かつたい)へと向かいます。

都に戻っていた拓跋余(南安王)は、矢傷を負った自分を助けてくれた李未央のことが頭から離れず、引き返して彼女の後を追いかけます。

拓跋余(南安王)は李未央に、共に逃げて来た者を見捨てられぬ。

それに拓跋濬(高陽王)のことも心配だと言って、一緒に宋の大軍に包囲された滑台へ向かいます。

拓跋濬(高陽王)は、ある計画のため叱雲南と連絡を取っていました。

その頃、拓跋濬(高陽王)は宋の兵に援軍が全滅させられ、宋軍に包囲され外と連絡が取れなくなり、窮地に立たされていました。

一方、李未央は奇想天外な方法で宋軍を撤退させるのに成功します。

それを見た拓跋余(南安王)は、李未央の知恵は侮れぬな…この女子がいれば天下に君臨するという私の野望の大きな助けとなる…必ずや手に入れてやるぞ…と考えていました。

李未央は拓跋濬(高陽王)と再会し愛を確かめ合います。

その後、宋軍を奇襲するため出陣した拓跋濬(高陽王)が深手を負って都に戻ることになります。

そこで、拓跋余(南安王)が奇襲に成功し戻ってきます。

拓跋濬(高陽王)を乗せた馬車を叱雲南の刺客が狙います。

李未央は拓跋濬(高陽王)を安全な場所に運び、今度は私が守る…と

誓います。

つづく

王女未央 あらすじ31話

(感想)

李常茹は南安王からの言葉も文もないことに腹を立て、

危険を顧みず未央を守って…私には何の言葉もない。少しも気にかけてはくれないと未央に逆恨みしそうな感じだね😱😱

コメント

タイトルとURLをコピーしました