スポンサーリンク

王女未央 あらすじ32話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ32話

「敵が味方か」

叱雲南の放った刺客に襲われた拓跋濬(高陽王)は、胸と腹の間に深い矢傷を負い李未央と共に屋敷に戻ってきます。

しかし、太子妃は昏睡状態の拓跋濬(高陽王)に李未央を会わせようとはせず、李未央は陛下に直接頼みます。

陛下は李未央に看病をするように言います。

拓跋濬(高陽王)は李未央の献身的な世話で目覚め、快方に向かいます。

そんな中、長楽が李未央に毒を盛ったのに、太医の一回の針で目覚めたと侍女を責めていたのを太子妃は偶然聞いてしまいます。

一方、李常茹は拓跋余(南安王)が自分が贈った帯を身につけず

李未央が贈ったお守りを大事にしていることを知って怒りと悲しみに震えます。

李常茹は1人になると、私は李未央にはるかに及ばないのですか…と泣き、殿下は私のもの…私こそ殿下の最愛の女よ!誰にも殿下を奪わせない!と李未央は最大の敵となります。

李常茹は南安王が隠していた奏状を盗み出します。

その頃、叱雲南も奏状を探していましたが、見つけることができないでした。

つづく

王女未央 あらすじ32話

(感想)

李常茹みたいな女って面倒くさいわ~~😩

コメント

タイトルとURLをコピーしました