スポンサーリンク

王女未央 あらすじ39話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ39話

「水面下の陰謀」

長楽は拓跋濬(高陽王)が李未央への未練を本当に断って、ようやく私の良さに気づかれたとうれしそうに侍女に話します。

そんな中、皇后の衣を下賜された越夫人が急死し、衣に毒針が仕込んであったことが判明します。

浣衣局に調査が入り、李未央は身に覚えのない証拠が出てきて濡れ衣を着せられます。

さらに拓跋翰(東平王)は、李未央と拓跋余(南安王)が共謀した疑いがあると主張します。

李未央は太武帝に、3日以内に下手人を見つけ出すと訴えます。

白芷は李常茹の姿を見て、李未央を助けてもらおうと追いかけていくと昭儀様の宮殿に入っていくのでした。

一方、拓跋濬(高陽王)は李未央に危険が迫っていると知って、捜し回ります。

拓跋濬(高陽王)は危機一髪のところで李未央を助けます。

拓跋濬(高陽王)は李未央に、通りかかっただけだと冷たく突き放します。

白芷は李常茹が怪しいと思いながらも打ち消し、下手人が見つかってから李未央に伝えようと思うのでした。

つづく

王女未央 あらすじ39話

(感想)

白芷って可愛いし😍李未央に恩義を感じているけど、

人が良すぎて心配だわ😨

コメント

タイトルとURLをコピーしました