スポンサーリンク

王女未央 あらすじ43話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ43話

「裏切りの嘘」

柔然に嫁ぐことを嫌がる皇女 拓跋廸に元烈王子(敏徳)は、柔然に嫁ぐことになれば、私と共に逃げようと約束します。

一方、安楽王女は李未央を目の敵にし浣衣局にやって来て、宮女に侮辱されたと横暴な振る舞いをします。

そんな中、安楽王女と拓跋廸は、武術の腕比べをします。

安楽王女が勝ち、李未央を棒で打つ嫌がらせをします。

その後、安楽王女が宮中で行方不明になり、宮中で一斉に捜すように太武帝命じます。

やがて井戸から安楽王女の遺体が見つかります。

李未央に殺人の嫌疑がかかり、潔白を証言できるはずの李常茹は、

その時間は李長楽と一緒だったと言い出します。

李未央は牢に入れられ、李常茹がそんな人だったとは…と本性に気がつきます。

拓跋余(南安王)は李常茹に、李未央に手を出すなと警告したはずだ!と突き飛ばします。お前と長楽が手を組み未央を陥れたんだろ!と激怒します。

李常茹は、ええ。私たちの企てです。太武帝に告発なさいますか?と

開き直ります。

つづく

王女未央 あらすじ43話

(感想)

李常茹は本当に嫌な女になってしまったね~~😤

コメント

タイトルとURLをコピーしました