スポンサーリンク

三国志ー趙雲伝ーあらすじ13話

三国志ー趙雲伝ーあらすじ13話

「捕らわれた軽衣」

董卓は洛陽から遷都します。

それにともない同盟軍は急速に分裂してき、それに不満不満を抱く

夏侯傑(かこうけつ)は高則に再び真定県の県令を命じます。

一方、超子龍と夏侯軽衣は山で薬草を探し歩いていました。

その頃、真定県に高則が戻ってきます。

人々は高則が戻ってきて、これで安泰だと喜びます。

高則が戻ってきたと知った軽衣は、困った表情になります。

夏侯は趙子龍が幽州で賊を討ったと聞いて、超子龍を侮れなくなった兵法にも通じているとは…いずれ我々にとって脅威となるであろうと

耿純(こうじゅん)に話します。

耿純は、今のうちに始末しますか?と聞きます。

夏侯は、友人を私が殺したと軽衣に知られたくない。密かに奴を消せと命令します。

そんなある日、軽衣は山賊にさらわれてしまいます。

それを知った高則と耿純は軽衣を助け出そうとします。

趙子龍は2人と共に軽衣を助け出そうとします。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ13話

(感想)

耿純は夏侯傑から趙子龍を消せと命令されているけど…😱😱

コメント

タイトルとURLをコピーしました