スポンサーリンク

三国志ー趙雲伝ーあらすじ22話

三国志ー趙雲伝ーあらすじ22話

「真定県(しんていけん)の英雄」

趙子龍の策にはまった山賊たちは、公孫瓚(こうそんさん)の大軍が

援軍で来るらしいと戦々恐々し、逃げ出す者も現れます。

趙子龍は明け方を待ち、子龍は山中の山賊の兵糧庫に火を放ち、それと同時に仲間たちが山賊の本営を襲撃します。

襲撃の援護に駆けつけた子龍の槍に、2番目の頭目の姜峰(きょうほう)は絶命します。

それを見ていた山賊たちは皆逃げ出します。

その頃、山賊の頭目の杜厥(とけつ)はすでに精鋭を率いて地下道から町に侵入していたのでした。

子龍たちはすぐに町に向かい山賊らを撃退します。

趙子龍は真定県の英雄となります。

趙子龍は、私1人の力で勝つれたのではない。皆のおかげだ!ありがとう!と礼を言います。

一方、高則と耿純は、趙子龍が町の英雄となったことで、複雑な思いを抱きます。

軽衣は、趙子龍が飛燕や擎児、宝月まで虜にしたことに腹を立てます。

そんな中、命の恩人の白馬に〝夜照玉〟と名付けます。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ22話

(感想)

趙子龍と軽衣は夫婦になれるのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました