スポンサーリンク

王女未央 あらすじ51話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ51話

「正義の敗北」

李敏徳は拓跋余(南安王)の差し金で旅館に軟禁されることになります。

その頃、長楽も屋敷に軟禁されていました。

一方、拓跋濬(高陽王)は李未央と再度 重臣だった宗正の屋敷を捜索すると父親の無罪を示す証拠の帳簿を見つけます。

拓跋濬(高陽王)は太武帝に拓跋余の陰謀を告発するためにすぐに

向かいます。

拓跋濬(高陽王)は太武帝に、父上の潔白との証が見つかりましたと

証拠の帳簿と奏状を渡します。

翌朝、拓跋余(たくばつよ)を誘い出して捕らえることにします。

しかし、李長楽は拓跋余と共謀し拓跋濬(高陽王)を陥れます。

そんな中、拓跋余の手先である宗愛が太武帝を刺し殺します。

太武帝は亡くなる直前に李未央に、拓跋濬(高陽王)に譲位すると

いう遺詔を受け取ります。

つづく

王女未央 あらすじ51話

(感想)

やっぱり拓跋余は極悪人だね~😱😱

コメント

タイトルとURLをコピーしました