スポンサーリンク

王女未央 あらすじ53話

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ53話

「以心伝心の賭け」

拓跋濬が乱心したか確かめるために拓跋余は李未央の前で、

拓跋濬が毒を口にするかどうか試します。

拓跋余は拓跋濬が錯乱したと確信し、彼を放免します。

一方、ひそかに李未央に毒を盛った李長楽は、その罪を着せるため

男の子を産んだ李常茹を宮女として宮中に潜伏させます。

様々な思惑が交錯する中、拓跋余と李未央の盛大な婚儀が行われます。

その時、拓跋濬が現れ、皇位を奪った者を今日こそ葬る!と叫びます。

そして、李敏徳も柔然の兵士と共に乱入してきます。

李未央は重臣たちの前で、皇位の継承者は拓跋余ではなく高陽王 ・拓跋濬でした。景穆太子(拓跋濬の父)を陥れた真相を先帝に知られ

拓跋余の間者・宗愛が先帝を殺したのです。先帝は遺詔を残しただけでなく歴代の皇帝が口授する秘密を伝えた。〝宮中に秘密の抜け道がある。太極殿内から都の外へとつながる道だ。この道は謀反や反乱に備えたものだ。歴代の皇帝は継承者に口授してきた。他の者は知ってはおらぬ。この秘密を必ず拓跋濬に伝えるのだ〟と伝えられました。

だから私たちは反撃できたと話します。

拓跋濬は拓跋余に、解毒剤を渡すように言います。

そこに、長楽が君桃に連れられてきます。そして、李未央にも同じ毒を盛ったと明かします。

李未央も毒がまわり倒れます。

解毒剤は一粒しかなく、李未央か拓跋濬のどちらかの命しか助けられないのでした。

拓跋濬は李未央に解毒剤を飲ませます。

拓跋濬は血を吐き倒れます。

つづく

王女未央 あらすじ53話

(感想)

次は いよいよ最終話。拓跋濬は死んじゃうのかな…

ここで死んだら あまりに可哀想😭😭

最終話て逆転はあるのかな❓

コメント

タイトルとURLをコピーしました