三国志ー趙雲伝ーあらすじ53話

「周瑜の死」

諸葛亮は周瑜が荊州に兵を入れようとする策略を見破ります。

その後、周瑜は血を吐き病に伏し諸葛亮を恨みながら亡くなります。

周瑜は孫権に遺書を残します。

一方、劉備は諸葛亮に、周瑜が戦で命を落とすのではなく、怒りのあまり死ぬなどとは思いもしなかったと話します。

諸葛亮は、追い詰めたくはなかった…しかし あの頑固さが災いしましたと答えます。

劉備は、周瑜は戦いに身を捧げ孫策と孫権から重用された…呉の者は皆 我々が殺したと思うでしょう。どうすれば よいでしょうかと相談します。

その頃、龐統(ほうとう)は劉備の屋敷を訪ねていました。

劉備は初めて会う龐統に、先生ほどの逸材を迷惑なわけがない。せっかく訪ねてこられたのだ、ここに とどまり、ぜひ私に力をお貸しいただきたいと頼みます。

一方、西涼(せいりょう)の馬超(ばちょう)のもとに、父、馬騰(ばとう)が曹操に殺されたという知らせが届きます。

敵討ちのため曹軍に戦いを挑んだ馬超は連戦連勝を飾りますが、〝離間の計〟(仲間割れを起こさせる計略)を仕掛けられます。

罠にハマった馬超は叔父上の韓遂(かんすい)を殺してしまいます。

その頃、高則が曹操を訪ね、離間の計を仕掛けたのは自分だと明かします。

曹操は、韓遂を葬ったくらいで私がお前を許すと思うか?お前は

あの護国神器の宝剣を盗んだのだぞ!と怒ります。

高則は、もう一度曹操殿に身を寄せたいのです。死は恐れません。

忠誠も忘れておりませぬ。罪滅ぼしに二月の内に宝剣を二本とも取り戻しますと約束します。

曹操は、二月は待てぬ。護国神器を取り戻す前に1人片づけとてくれと言います。

高則は、誰を殺せと?と聞きます。

曹操は、以前 龐統という男にだまされ赤壁で惨敗を喫した。あの男が憎い。生かしてはおけぬと言います。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ53話

(感想)

周瑜は子龍たちを恨むばかりに胃に穴が空いたのかしら?笑

健康は大事だね😱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation