三国志ー趙雲伝ーあらすじ56話

「馬超との決闘」

諸葛亮は兵糧を準備していた柳慎に、兵糧がなくては始まらぬから頼むぞ。実は危険を伴う恐れがあるから身の安全を考えよ。もし賊に襲われたらすぐに兵糧を捨てて逃げるのだと言います。

柳慎は、なぜですか?兵糧がなければ戦どころではないのでは?と問います。

諸葛亮は、安心せよ 飢えることはない。己の身を守れと言います。

そんな中、兵糧を輸送していた柳慎が何者かの襲撃を受け、兵糧を奪われます。

そして、趙子龍に「勝負に勝てば兵糧は返す」という挑戦状が届きます。

子龍が指定された場所に1人で赴くとそこに馬超(ばちょう)が現れます。

互いに槍を手に、いつ果てるともない戦いを繰り広げる2人だったが、子龍を案じて駆けつけた宝月は、相手が馬超だとは気付かずに

矢を射ります。

宝月は相手が馬超だと知って驚きます。

そして、宝月は馬超から、君は僕の想い人だと告白されます。

子龍と宝月そして諸葛亮たちは劉備と合流します。

宝月は諸葛亮に、張任(ちょうじん)が憎くてたまらないの!私は龐統先生と親しかった。私の〝心の軍師〟だったのです。私が子龍の活躍を支えてこられたのも龐統先生のおかげです。私と子龍は まだ師半ばなのに張任の奴が先生を殺した!どうしても敵を討たないといけない。諸葛亮殿は私が軍に同行するのを快く思ってない。でも 私だって何かの役に立てるはずですと訴えます。

諸葛亮は、ちょうど宝月殿にお願いしたいことが…張任には好きなものが3つある。賭け事 色事 そして馬が好きです。宝月殿はかつて白馬隊を率いておられ、お父上も馬を愛した方だ。恐らく あなたは馬に詳しい。さりげなく夜照玉(やしょうぎょく)を張任の手に渡してほしいですと頼みます。

宝月は、あの名馬をくれてやると?子龍の愛馬ですよ!張任にはもったいないと驚きます。

諸葛亮は、名馬 夜照玉だからこそ うまくいくのです。たとえ くれてやっても夜照玉は張任の手に負えませぬと答えます。

宝月は諸葛亮の命に従い夜照玉を連れて張任が出入りする賭場に行きます。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ56話

(感想)

宝月の魅力を諸葛亮はうまく利用したね~~🤣🤣

諸葛亮は一人一人の性格を見抜きうまく利用するのが本当に上手い‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation