三国志ー趙雲伝ーあらすじ57話

「親孝行な娘」

宝月は賭場で負け張任に夜照玉を渡して、諸葛亮の考えた策をうまくやり遂げます。

雒城(らくじょう)の戦は劉備軍が勝ちを収め、雷銅(らいどう)や呉蘭(ごらん)は投降しますが、最後まで帰順を拒否した張任(ちょうじん)は望みどおり斬られます。

一方、雷銅の娘、雷嬌嬌(らいきょうきょう)は父が劉備についたことを喜びます。

投降したものの先行きに不安を抱く雷銅は、呉蘭に唆され劉備の暗殺を企てます。

それを知った雷嬌嬌は悩んだ末に子龍に、父の企てを話します。

捕まえた雷銅を子龍は張任の墓参りに連れて行きます。

子龍は雷銅に、張任は龐統先生を殺したが、劉備殿は忠心に打たれ帰順を説いた。だが張任は死を望んだため全うさせたと話します。

雷銅は劉備に、浅はかな考えで命を狙ったことを謝罪し、死をもって

罪を償うと言います。

劉備は、私のもとで功を立てよと許しますが感謝するのは子龍と娘の雷嬌嬌であろうと告げます。

雷銅は、娘と故郷に帰ることを望み許されます。

一方、馬超は、劉備の軍は連戦連勝だ。ここらで気勢をそがねばと

張飛に勝負を挑みます。

馬超と張飛は三日も戦い続けます。

劉備はそんな勇猛な馬超を気に入り、傷つけたり死なせたりするのは忍びない。どうにかして馬超を手に入れられぬかと諸葛亮に相談します。

諸葛亮は、張魯の配下 楊松は欲深い人物と聞きます。桂陽の趙範にも劣らぬとか…楊松に銭を握らせ張魯と馬超の仲を裂かせます。そして馬超を帰順させるのですと万全の策を練ります。

つづく

三国志ー趙雲伝ーあらすじ57話

(感想)

諸葛亮は馬超を手に入れるため宝月を利用するのかな~🤗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation