開封府~北宋を包む青い天あらすじ53話

「府尹復活」

展大侠が西夏の女から奪い返した張元の家族を、包拯たちと張子雍たちが取り合いの戦いが始まります。

その隙に包拯は馬車を走らせると展無為が現れ、包拯を馬車から突き落とします。

そこに展大侠が現れ、展無為との戦いとなり、さらに追いついた張子雍一団も、西夏の女も入り乱れての戦いになります。

馬車は川へ転落し張元の家族は死んでしまいます。

川に落ちるも展大侠に助けられ密かに開封府へ戻った包拯は、

仁宋に状況を報告し、王延齢が今回の黒幕である可能性が高いことを伝えます。

仁宋から開封府尹への復職を許された包拯は、再び官服を身にまとい、3日の期限付きで展無為を開封府へと連行し尋問します。

一方、張家を出ることに決めた周児は、参内して仁宋にも子栄にも別れを告げると一座に戻ります。

つづく

開封府~北宋を包む青い天あらすじ53話

(感想)

周児は仁宗よりも子、栄のことが好きになってしまったんじゃ

ないかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation