開封府~北宋を包む青い天あらすじ57話

「侠とは、義とは」

張徳林は周児に、子栄がお前を娶ったのは いずれ陛下に お返しするためだ…その間 張家は喜んで お前を嫁として迎えた。慈悲を施したかどうかはともかく お前に対して申し訳ないことはしていないと話します。

周児は、張家から受けた恩はお返ししますと答えます。

張徳林は、お前の恩返しなど必要としておらぬ。ただ張家を潰すな。

それは、お前が煽ったからだ。子栄は陛下を殺す気などない。王徳に

毒を盛らせ陛下が召し上がる前に救う算段だった。范仲淹の罪に仕立ててなと明かします。

周児は、私も子栄を信じますと答えます。

張徳林は、だが お前は陛下に伝えたと言います。

周児は、突然のことだったので参内して知らせるしかなかったのです。まさか監禁されるとは思っていなかったと答えます。

張徳林は、問われぬはずの罪が、今や鉄板のごとく揺るぎない事実となり私は挙兵に追い込まれた。お前が私の退路を断ったのだぞ。今日

ここへ来たのは お前に告げるためだ。明後日が最後の刻限である。

何が起こるのかは誰にも分からぬ…陛下が私の娘と息子を盾とするならば私もお前に何をするか分からんぞと言い放ち出て行きます。

一方、秘密の抜け道から皇宮を脱出した仁宗は、各地の軍への救援を求める文を王延齢より受け取ります。

包拯は仁宗から王延齢の文を託され、展大侠と展無為、四鼠の江湖の侠客の前で、民のためにも仁宗の危機を救ってほしい。不公平を正す刀は諸君たちの手にあり、私の手には法がある。諸君にお願いしたい。天下の民のためにその刀を振るってくれと訴えます。

同じ頃、宮門を守る范仲淹は張徳林を説得するも交渉は決裂します。

ついに張徳林が皇宮を攻めると宣言した期限を迎えます。

その日の朝、張子雍の守る南門の前に侠客たちが集結、そして包拯が陣太鼓で侠客たちに号令をかけるのでした。

同じ頃、宮門では、范仲淹と張徳林の兵が睨み合っていました。

包拯たちは張子雍らは攻め込まれ、包拯に向かって矢を射ります。

張徳林は南門を侠客たちが攻めていると伝えられると、皇宮を攻めるように命じます。

つづく

開封府~北宋を包む青い天あらすじ57話

(感想)

侠客たちと包拯の頭脳を使った戦が胸を打つ‼️

天大侠って、あんなにカッコよかったっけ❓

今まで気がつかなかった💕💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation