スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 23話

「 悲報 」

ヤンは洞窟で男の子を産みます。足の甲に星形のホクロがあり

星を意味する〝ピョル〟と名付けるのでした。

ヤンはヨム・ビョンスらに見つかり絶壁に追い込まれ矢に射られ
ピョルは親衛隊と谷底へ落ちてしまいます。

陛下は、パク・オジンの遺体が到着したと聞き、ヤンの安否を聞き捜索を命じます。

パンはトクマンに、パク・オジンを殺したのは皇后の差し金の山賊だと知らせます。

その頃、ヤンはチョクホの助けで意識を取り戻します、胸に入っていた鏡の
おかげで助かりますが、ピョルを失ったヤンは慟哭するのでした。

ヤンはノ尚宮たちのお墓を作り、自分のせいですと泣き叫ぶのでした。

一方、陛下はヤンが死んだと伝えられると、胸の苦しさに倒れ声を失います。

タナシルリは、寺で不妊治療をしていると拾われた赤子が連れてこられます。
自分を哀れんで仏様がよこしたとタナシルリは言います。
そして口封じに尼僧に毒を盛り、寺に火を放つように命令します。

足の甲に星形のホクロがある赤子を隠して宮中に戻り、
出産をしたように見せかけるのでした。ヨンチョルは、皇子をマハと名付けます。

その頃、高麗では偽金の噂が流れ大混乱になっていました。
偽金の黒幕はヨンビスでした。

ヤンとチョクホはメバク商団に捕まり、奴婢としてヨンチョルの屋敷に連行されます。

ワン・ユは父から交鈔の値を上げるよう命令が届いたと聞くと反対します。
部屋に戻るワン・ユは、パンからヤンが皇后に殺されたと報告されます。

信じられないと、以前、ヤンと誓い合ったことを思い出し
ワン・ユは、部屋に入るとスンニャン…スンニャン…と嗚咽するのでした。

奴婢になったヤンは、獄舎の中でノ尚宮にもらった鏡に血書が隠されている
のを見つけるのでした。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 23話(感想)

遂に血書が出てきました。大逆転がもうすぐと期待される展開でしたね

コメント

タイトルとURLをコピーしました