↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ51話

「再び現れた刺客」

李倓は太原城の包囲を解くため戦っていた最中、顔に大きな傷を負ってしまいます。

陣営には慕容林致が城内から医者として兵の治療をしていました。

林致は李倓を見ても記憶がなく怖がらずに、1人の兵として治療をしようとします。

李倓は林致が自分を見ても怖がらなかったことが嬉しくて、傷を縫わないと決めます。

李倓は痩せ細った林致を心配し、食事を取らせようとしますが、

林致は傷を負った兵士に与えようとするのでした。

一方、張皇后は李俶に対抗するため、李係を天下兵馬大元帥に据えようと画策します。

しかし、李泌は無能な李係に長安の奪回の重責は担えないと判断し、謹慎中の李俶に復職を願いでます。

その頃、珍珠は寺で出された食事を隣にいた県主に譲ると、その食事を口にした県主が苦しみ出し血を吐いて息絶えます。

それは珍珠を亡き者にしようと張皇后が送り込んだ何霊依の仕業でした。

珍珠は両親の敵が別にいるのではないかと考え始めます。

そんな中、回紇のヤブク王子が鳳翔にやってきて、義姉上を浄慧寺からつれてきてくれと粛宗に言います。

ヤブク王子の義姉上は誰なのかと聞く張皇后に、私の義姉上は広平王の珍珠です。禁足中とは驚きました。義姉上に会えぬのなら軍とともに帰国しますと告げます。

粛宗は、珍珠が浄慧寺にいるのは祈祷のためだと取り繕います。

珍珠は寺から出ることができます。

珍珠は李俶は再会を喜び合います。

つづく

霊王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ51話

(感想)

李倓と林致は一からやり直せたらいいね😍😍

李俶と珍珠も再会できてよかった👍

張皇后の悔しそうな顔‼️いい気味~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation