麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ59話

「恩讐の行方」

張皇后に劇薬を投与された李佋 は言葉を発せず目も見えなくなっていました。

張皇后は回復しない李佋 に落胆し、更に医者を連れて李俶が参内すると伝えられます。

一方、李俶は捕らえた医者が李佋 は確かに史思明の子で、それを裏付ける証拠は陛下に直接話すと言ってると聞かされます。

そんな中、李倓は林致を襲わせた黒幕が張氏だと知って激怒し、剣を振り回し蓬莱殿に向かいます。

追い詰められた張氏は、李倓の目の前で李佋に手を かけます。

李倓は慌てて張氏を止め、李佋を 助けようとしますが死んでいました。

その時、粛宗や李俶、珍珠たちが蓬莱殿に入ってきます。

張皇后は李倓が李佋 を殺したと泣き叫びます。

粛宗は、皇后の言葉を信じ、この親不孝者め!と言います。

李倓は、張皇后は嘘をついています。李佋 を殺したのは皇后です!と訴えます。

その間に証言する約束をしていた医者は殺されてしまいます。

憤怒した粛宗は、李倓に毒酒を申し渡します。

李俶は最愛の弟を助けるため飛び出していきます。

李俶は粛宗に李倓を殺さないでくれと懇願しますが、粛宗は耳を貸さず李俶を死ぬまで鞭打ちしてやると言い放ちます。

李俶は、父上は一時の衝動に駆られ判断を誤りました…史書には 2人の子を殺した皇帝と記されましょう!と言います。

珍珠は林致を呼び、李倓が毒酒を賜ったの。あなたなら彼の命を救えるでしょうと言います。

林致は、かつて彼は私の夫だったわ…だから救えと?と静かに問います。

珍珠は、思い出したの?と聞きます。

林致は、ええ…何もかもすべてね…あの時 暗闇に捕らわれていた私にとって彼は希望だった…でも彼は冷酷で私を絶望に陥れたわ…王府から私を追い出したのよと言います。

珍珠は、許せないから助けないというの?と問います。

林致は、鶴頂紅の毒は私にも消せないわ…助けようがないと答えます。

珍珠は、嘘だわ。数百種類の毒草から抽出した液に回紇の蛇の猛毒を混ぜ毒消しを作ったわよね。鶴頂紅にも効果があるはず。彼はあなたのため皇后を襲ったのと説明します。

林致は、私のため?自分のためだわ。彼とは会わない。助けもしないと答えます。

珍珠は、今 戻らなければもう二度と会えないわ。心の内を伝える機会を永遠に失うのよ。恨んでいても憎んでいても構わない。

顔を合わせるのはこれが最後になる。助けたくなくても ひと目 会ってはどう?私には分かるの 会わなければ必ず後悔すると説得します。

林致は李倓に会いに行き、話すことはありません…今日来たのは…これを渡すため…と薬ビンを置きます。

李倓は、どうしても許せないんだな?と問います。

林致は、許せない?あなたを許せと?ご存知ですか?酔紅楼に捕らえられのも、こんな漆黒の夜でした…あの者たちは私を殴って罵り ひどく苦しめました。あまりに恐ろしく死にたいとさえ…それでも生きたのは あなたに会いたかったからです。でもあなたは私を捨てました。許せるとでも?私はあなたを生涯 許しません…と心の傷は治っていないし恨んでると話します。

李倓は、申し訳ない…思い出させる気はなかった…と謝ります。

林致は、私が思い出さなければ…過去を隠し通すつもりだったのですか?と問います。

李倓は、そうではない。ただ君を助けたかった ずっと後悔している…

衝動的になり君の気持ちを顧みなかった…守ってやれず すまない。何よりも君が私に長安の職務を辞すように勧め、各地を遊歴したいの言った時 それを拒否した…あの時 君の提案を受け入れていたら…と後悔します。

林致は、もう遅いのです。起きたことは変えられません…後悔しても無駄です。あなたが助けに来た瞬間を今も覚えています。姿を見た時

どんなに嬉しかったか…あなたの懐に抱かれ ようやく安心し温もりを感じました。あなたなら 私を暗闇から救い守ってくれると思った…

でも違いました。あなたは私を責め 拒絶したうえ 王府に置き去りに…私がどれほど怖かったか分かりますか?あなたは私を避けました。過去を忘れてと懇願したのに離縁状を渡したのです!と心の傷を

吐き出します。

李倓は、そうだ…私は離縁状を渡した…だが今 思えば正しかった。

君にまで 累が及ばずに済む。君が災禍に遭ったのは私が皇子だったせいだ…いっそのこと君に出会わなければよかった。君が受けた苦痛に比べれば 私の後悔は取るに足りぬと話すのでした。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ59話

(感想)

林致は李倓から受けた心の傷や、恨みごとを吐き出すことによって

新しい人生を歩めるかも⁉️

林致と李倓が、互いに愛し合っているからこそ つらいんだよね😭

どうか 再び夫婦となって幸せになってほしい💦💦

父の粛宗は、息子の李倓や李俶のおかげで皇帝になったのに

恩知らずだわ😴😴😴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation