ただ愛する仲 あらすじ18話

ジュウォン代表はガンドゥから慰霊碑を建てる場所の変更がスムーズにいったことを聞いて驚きます。

ガンドゥは、俺はムンスが好きだ。代表みたいな立派な人間にはなれない。でも努力すれば1人くらいは守れそうだからと宣言します。

その後、ガンドゥは借金取りの事務所に行き、薬屋のおばあさんから相続した土地を売ったお金ですべての借金を返済します。

一方、ムンスはガンドゥの部屋で待っている間、ガンドゥが飲んでいる薬を見つけ自分のかばんに入れます。

そこにガンドゥが背広姿で帰ってきます。

ムンスは、何かの記念日なの?と聞きます。

ガンドゥは、うん。社会適合者として生まれ変わった日かな…祝ってよと言います。

ムンスは、どうやって?と質問します。

ムンスはジェヨンに薬を渡します。

つづく

ただ愛する仲 あらすじ18話

(感想)

風邪をひいて二階の部屋で寝ているムンスに窓からアイスを届ける

ガンドゥ🥰🥰

2人は初めてキスをするの💕💕💕

母親にバレないように2人はハラハラしながら、幸せな時間を過ごして、翌日ガンドゥはムンスの風邪がうつってしまうの😘

2人にとって1番楽しい時だよね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation