↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!
麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ67話

「洛陽への旅」

范陽に戻った史思明は腹心の多くが左遷されたことを知り、好き勝手なことをされてたまるか!急場しのぎで唐に帰順したが粛宗の猜疑心は予想以上だった。もはや忠義を尽くす理由はない!大軍を率いて長安を攻略した暁には皇后に思い知らせてやると激怒します。

一方、珍珠は、独孤靖瑶が李俶の心をつかめず冷遇される独孤靖瑶を気遣い、独孤靖瑶と李俶を2人で過ごせるように計らうため単独で洛陽に向かいます。

そんな中、独孤靖瑶と李俶に史思明討伐の 勅命が下ります。

2人での行軍に胸を躍らせる独孤靖瑶でしたが、妻になっても他人行儀な態度の李俶に深く傷つきます。

李俶は独孤靖瑶に、今日は息子の适の誕生日だ…珍珠と約束した…毎年必ず家族3人で過ごすと…だが約束を守れず 心苦しいと打ち明けます。

独孤靖瑶は、适ならば分かってくれますと答えます。

李俶は、适を産んだ頃 珍珠は命の危険にさらされた…その時も私は留守に…思い出すたび胸が苦しくなる。适の誕生日はおろか 珍珠の誕生日さえ一度も祝えてない。娶って何年も経つのに…私に構うな。飲み終えたら戻ると告げます。

独孤靖瑶は、私のどこが珍珠に劣るのですか?と言い残し立ち去ります。

行軍から戻った李俶は、すぐに洛陽に珍珠を迎えに行きます。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ67話

(感想)

珍珠と李俶の間には、誰も割って入れない心の結びつきが

あるんだよね~🥰

そんな2人の間で独孤靖瑶は自分に振り向いてほしいと

努力する姿が、あまりにも不憫に思える…💦💦可哀想…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation