↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ68話

「誤解と凶行」

独孤靖瑶は适と珍珠だけしか目に入らない李俶に傷つきます。

独孤靖瑶は珍珠に、なんて卑劣なの!と責めます。

珍珠は、何か誤解していない?と問い返します。

独孤靖瑶は、适が病と聞き 心配したのに…あんなに元気だとは思わなかったわ。あなたの寛容さに感激したことが 悔やまれるわ。李俶を

独占しようと裏で画策していたのね!と責めます。

珍珠は、そんなつもりはないわ。昨夜 适は本当に病だったのよ。侍医の薬を飲んだら朝方 回復し やっと遊び始めたのと説明します。

独孤靖瑶は、作り話はやめて!信じるとでも?李俶が私の居所へ来た途端 适が病になり翌日に回復した?と珍珠の話を信じようとしないのでした。

一方、珍珠の侍女の素瓷は、息子の逸を何霊依に殺されたと思い込み逸の夢を見ては涙を流し、供養のために寺を訪れ 身を投げようとします。

しかし、そこへ現れた何霊依から逸の生存を知らされ、今度は独孤靖瑶の毒殺を命じられます。

二度も息子を見殺しにできないと考えた素瓷は、独孤靖瑶の粥に毒を盛りますが、独孤靖瑶によってあえなく暴かれてしまいます。

本来なら極刑に値する罪でしたが珍珠が陳情したため、李俶は素瓷の死罪を免じます。

それを聞いた独孤靖瑶は、狙われたのは私だと忘れてはいませんか?

もし毒に侵されていれば死んでいたかもしれないのですよ!珍珠の側仕えだからと軽い罪で済ませるのですか?私を殿下の妃と思ってないのでは?と不満を訴えます。

珍珠は独孤靖瑶にひざまずき、素瓷は深刻な罪を犯したわ…弁解するつもりはない。私には謝罪しかできないけれど どうか受け入れてと

頼みます。

独孤靖瑶は、簡単に受け入れられると思う?と聞きます。

珍珠は、許しを得られるなら何でもすると答えます。

独孤靖瑶は、王妃の座を譲れと言ったら?嫌でしょう?許しを得られるなら何でもするだなんて口先だけね。私と李俶の結婚を認めてくれた時と同じ。あなたは偽善的で身勝手な人だわ。感謝などしなければ

よかった。あなたは自分を引き立てる者がほしいだけ!と責めます。

珍珠は、私の何がそんな誤解を招いたの?と聞きます。

独孤靖瑶は、李俶に嫁いで分かったわ。あなたは最初から承知だったのよ!殿下が愛するのは あなた1人だと。殿下の寵愛を独り占めし

分かつ機会も与えない!と責めます。

珍珠は、それは違うわ。私は先に嫁いだ分殿下と親密だけど あなたも いずれは…と言います。

独孤靖瑶は、何年 待てと!一生かしら?と怒り、王妃の座を譲るの譲らないの?と詰め寄ります。

2人の話を立ち聞きしていた李俶は、靖瑶!いい加減にしろ!と

珍珠をかばいます。

独孤靖瑶は、珍珠をかばってばかりですね!と怒ります。

李俶は、私が愛するのは珍珠ただ1人だ!それは今後も変わらぬ!

そもそも側室など…君のことは家族だと思っている。素瓷の処分を決めたのは私だ…私が謝ろうひざまずこうとします。

独孤靖瑶は、謝罪など滅相も無い…今日のことは もう忘れます…と答えます。

その後、独孤靖瑶は李俶にお茶を勧めます。

お茶を飲んだ李俶は意識を失い、血を吐きます。

珍珠は風生衣に、林致を都に連れてきてと命じます。

李俶が重病だと聞いた張皇后は、天の助けかしらと声高に笑います。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ68話

(感想)

李俶には情けという感情がないのかしら?

独孤靖瑶の気持ちを考えると、毒を盛りたくなるのも

理解できるわ😨😨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation