永遠の桃花 あらすじ21話

「嫉妬と陰謀」

夜華は素素を愛しているのに何日も会えず、つらい気持ちを押し殺し無関心なふりをして素素を守ろうとしていました。

一方、素素は優しげな素錦(そきん)に言いくるめられ、素素霊宝天尊(れいほうてんそん)の法会に連れ出されます。

その途中、白浅の侍女だった少辛と桑籍に出くわします。

少辛は素素の顔を見ていぶかしげな表情をします。

素錦に連れられてきた素素に夜華は、素錦に関わるな。ここにきてはダメだ。着替えて送っていくと言います。

その頃、見知らぬ宮女の言付けで奈奈(だいだい)が素素に玉清崑崙扇を渡そうとしたところ、扇に驚いた霊宝天尊の神獣が暴れ出し、その場にいた白鳳九が傷を負ってしまいます。

東華帝君は怪我を負った白鳳九の元に駆けつけます。

素素は天君に、白浅の姪である白鳳九に怪我を負わせた責任を問われます。

素素は身の潔白を訴えますが聞いてもらえず、そこに天尊が現れ、かばってくれます。

しかし、夜華は素素と奈奈に、本日から禁足とする。私の許しなく洗梧宮を出てはならんと命じます。

素錦は天君に、正当な理由で素素を殺す手伝いをさせてください!

と頼みます。

天君は、そなたは私を助けたいと望んで側室になった。ゆえに私は

そなたの願いを叶えると約束した。そなたは再び私のために働くというが、今度は何が望みだ?と問います。

素錦は、私の願いは たった1つ。あの素素を死なせたら私を皇太子殿下の側室にしてくださいと答えます。

天君は、洗梧宮に入りたいのか?と問います。

素錦は、私の一生でただ1つの望みですと答えます。

天君は、自ら天妃になったのもそれが理由か?と問います。

素錦は、はいと答えます。

天君は、そなたのような者が夜華には必要だ。己が何を望み どうすれば得られるか知っておる。よし 願いをかなえる。孫に妃を与えるのは たやすいことだ。私と共寝もしていないし、その若さを無駄にさせられぬと承諾します。

一方、離鏡(りけい)は、あの鳳凰は素素を司音と間違えたのでは?と気にかけます。

その頃、東華帝君は意識を失った白鳳九のけがを仙力で治します。

つづく

永遠の桃花 あらすじ21話

(感想)

離怨が北荒で反乱を起こしたと伝えられた離鏡(りけい)は

天君に呼ばれ行こうとするの。

でも玄女は素素の所に行くと思い嫉妬心でいっぱいだね😰

素素は、素錦や玄女に命を狙われてしまう💦

素素って女に嫌われるタイプ⁉️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation