永遠の桃花 あらすじ20話

「妻を守るために」

天君は瀕死の怪我を負った夜華に会いに長海に行きます。

天君は夜華に、数日前 ある人間を天宮に連れ帰った。腹の中には そなたの子がおったと話します。

夜華は、東荒の俊疾山の娘でしょうか?以前 金猊獣を退治して軽い傷を負った際、その娘に介抱されました…腹の子は私の恩返しですと

答えます。

天君は、ただの恩返しならば別によい。そなたは将来の天君だ。情に

溺れてはならぬ。それだけは忘れるな。だが そなたの子を宿した以上娘は天界にとどめようと話します。

夜華は、恐れながら 人間を天界に置くのは天族の掟に背きます…と答えます。

天君は、天族の子は天界にとどめる。流浪させるわけにはいかぬ。娘はすでに天界におる。そなたの帰還後 改めて扱いを考えようと告げます。

そんな中、夜華は素素が火事に遭ったと聞いて、傷が癒えぬまま急いで天宮に戻ります。

そして、夜華は素素に、表向きはわざと素素に冷たく接するが、信じてくれ…そなたを守るためなのだ。そなたはこの洗梧宮でしっかり静養し無事に子を産んでくれ。絶対に誰とも関わるなと告げます。

夜華は素素を心配して人間界から来たばかりの奈奈(だいだい)を素素の侍女にします。

一方、離鏡は自分の従者・火麒麟(かきりん)のせいで火傷を負った司音(しいん)そっくりの素素のことが気になり、彼女のいる洗梧宮まで見舞いに行きますが、素錦に咎められます。

素錦は素素に近づき、味方のふりをして素素を陥れようと外出させます。

つづく

永遠の桃花 あらすじ20話

(感想)

皇太子(夜華)を巡って素素は素錦に陥れられそう😱😱

素錦って腹黒くて玄女にそっくり😤😤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation