永遠の桃花 あらすじ51話

「照歌と白浅」

白浅は白真に、線香7本分だけ人間界の夜華を見てきたいと懇願します。

白浅は人間界に行き右腕のない10歳の照歌(夜華)を見つけます。

白浅は照歌に、未来の夫を見にきたのよと数珠を渡し、私の代わりにあなたのそばにいると告げます。

照歌は、僕も玉佩がある 受け取ってと渡します。

白浅と白真は崑崙虚に戻ってくると白鳳九が来ていました。

白浅は白鳳九に譲位の話をしますが、白鳳九は私も帝君に嫁ぎたいと泣いて飛び出していきます。

一方、離鏡は擎蒼(けいそう)が東皇鐘を出ることを知らせようと崑崙虚に行きますが白浅には会えず、自分が封印しようと決心するのでした。

つづく

永遠の桃花 あらすじ51話

(感想)

なぜ?なぜ?東華帝君は白鳳九を受け入れないの?

年の差?白鳳九が嫁ぐと孤族の女帝となる者がいなくなるから?

白鳳九が可愛そう😭😭

墨淵に愛されていることに気がつかない白浅。

鈍感なのね~😱夜華に夢中だものね🥰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation