華流ドラマ 永遠の桃花 あらすじ54話

「よみがえった記憶」

夜華にとって大事なのは私ではなく素素だと気づいた白浅は深く傷つき苦しみます。

そんな中、結魄灯が割れ、白浅は記憶がよみがえると自分が素素だったと気づき、阿離は我が子だったと思い出し〝素素〟は私の修練だったと酒を浴びるほど飲みます。

白浅は迷谷と白鳳九に、私が修練で人間だった時素錦に目を奪われたの。修練はもう終わった…素錦の目に私の目は合わないはずだし

厄介だろうから返してもらおうと思うのと洗梧宮に向かいます。

白浅は素錦に、私の目を300年も使ってるようだけど具合はどう?と

尋ねます。

素錦は、今 何と?と驚愕します。

白浅は、使ってるうちに元の持ち主を忘れた?300年前に私は愛の修練に遭い両目を失った…それを思い出したから取りに来たの…その目を自分で取り出す?それとも私がする?と睨みます。

素錦は、素素は神仙じゃなく人間だった…あり得ない…と混乱します。

白浅は、300年前、お前のような者に目を奪われ罪を着せられたわ!

どうやら自分で取り出すのは難しいようね…お前の本性が どんなものか早く見せたいの。目を奪われた あの日…夜華は言ったわ〝借りを作れば必ず返すものだ〟とね…お前が目を失った理由は互いに知ってる!私の目が 今そこにある理由も!互いによく知ってる…と詰め寄ります。

白浅は素錦に目を返してもらうと、誅仙台から飛び降りてもらう?と

言って立ち去ります。

記憶がすべてよみがえった白浅は、300年前の痛みが昨日のことのように感じ、何もかも私を守るためだったとか そんなのどうでもいい…

私が覚えているのは一攬芳華での孤独な夜や わずかな望みさえ 少しずつ消えていったことだけ…夜華…あなたとは一緒になれない…と

決心します。

夜華は人間界から戻り崑崙虚で目が覚めると墨淵が目の前に現れます。

墨淵は夜華に、私を兄上と呼んでくれ…そなたは父神の子。私の弟だ。ある事故により眠りについた そなたの元神を父神が金蓮の中に入れたのだ。そして父神は金蓮を私に託し、私はこの池に置き 目覚めるのを待っていた…ここで白浅が修行していた時 金蓮の世話をするのが好きだった…今にして思えば天意だったのかもしれん。大切にすべきはそなたたち2人の縁だ。と告げます。

一方、目を取られた素錦は天君に泣きつきます。

そこに、東華帝君と白鳳九も来ます。

東華帝君は、これは天族と青丘の問題です。夫であった天君が口を挟むのはよくないかと…さばきに私情が絡んでいると青丘に疑われます。誰もが知るように四海八荒の主だった私はあらゆる一族と関わりがないから私が裁けば世も納得するでしょうと話します。

天君は自分の保身を考え、東華帝君に裁きを任せます。

つづく

永遠の桃華 あらすじ54話

(感想)

白浅の素錦に対する復讐、モヤモヤしていた気持ちがスッキリ‼️

それでもまだ、嘘をつく素錦が憎い😤

東華帝君の裁きがどうなるか楽しみ~✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation