永遠の桃花 あらすじ56話

「擎蒼(けいそう)との対決」

東皇鐘を出た擎蒼(けいそう)は十数万年分の仙力を得ようと息子の離鏡(りけい)を殺しにかかります。

擎蒼は、元神である私が己の体に戻れば 東皇鐘を出て 紅連業火で天地を滅ぼせる!と叫び離鏡を殺します。

一方、東皇鐘の中に元神がいないことを知った東華帝君は 白浅を呼ぶように命じます。

司命星君は白浅と夜華に、擎蒼が東皇鐘の封印を破りそうだと伝え

ると、夜華は白浅を動けないようにし、東皇鐘に向かっていきます。

擎蒼と夜華の激しい戦いは夜華が勝ちます。

しかし、擎蒼は己の命と東皇鐘を一体にしていたため擎蒼が死ねば

東皇鐘は紅連業火を放つようにしていたのでした。

夜華は白浅が止めるのも聞かず、東皇鐘の中に飛び込んでいきます。

白浅は落ちてきた夜華を抱きかかえ、死んじゃうの?死んじゃ駄目!と泣きます。

夜華は、墨淵が戻ってきた…一緒になるがいい…墨淵がよくしてくれる…きっと私よりも…これで安心だ…私が今生 愛したのはそなただけだ…私を忘れないでほしい…忘れないでくれ…と一筋の涙を流すと亡くなります。

白浅は、なぜ私を残して逝ったの…と嘆き悲しみ 夜華を抱いて一生 ここにいる気でいました。

そこに墨淵が現れ白浅に、棺を用意し夜華を逝かせようと諭すと

白浅は、7万年…たとえ もっと長くても 私は待ちます…と拒み

墨淵は、もう息がない…待つとしてもこのような所では 夜華もゆっくり休めないと説得します。

白浅は、夜華と約束しまし…孤狸洞に閉じ込めると…日々会えるのは私だけ…と姿を消し孤狸洞に閉じこもります。

そんな中、天族が皇太子である夜華を引き取りに来ますが、白浅は

頑として夜華を渡さないと言いますが

夜華の父は、天族には掟があり、亡骸は無忘海に葬らねばならない。どうか我らに引き取らせてくれと説得します。

つづく

永遠の桃花 あらすじ56話

(感想)

離鏡も夜華も擎蒼(けいそう)を東皇鐘に封印するために

命を落としてしまったね😭😭

優しい離鏡の死を嘆き悲しんでくれる者もいなくて悲しかった💦💦

夜華は両親 、天君、白浅など 嘆き悲しんで亡骸を取り合う姿を

見たいだろうか?静かに白浅と一緒にいたいよね‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation