永遠の桃花 あらすじ58話(最終話)

「十里桃花にて」

人間界を旅していた白浅と白真は、偶然 臙脂(えんじ)に出会い、

話をしていると、阿離がやってきます。

阿離は、父上の御墓参りに無妄海へ行くので母上も行きましょうと誘います。

白浅は、無妄海…と遠くを見つめ、阿離と白真と無妄海に向かいます。

そんなある日、夜華が埋葬されている玄晶氷棺の周囲に仙気が立ち始めたと伝えられた天君たちは、もしや死んでいなかったのでは?と

戻ってくるかもしれないと喜びます。

墨淵が呼ばれ、夜華の仙体を取り出し目覚めさせ、3年も待っている白浅を訪ねよと告げます。

復活した夜華は十里桃林の自分の墓で白浅を待っていました。

白浅と夜華は抱きしめ合うのでした。

一方、臙脂(えんじ)は離鏡(りけい)玄女の娘・応児を連れて子蘭を訪ねます。

子蘭は、玄女は確か男児だと言っていたはずだが?と問います。

臙脂(えんじ)はもともと女子だったのよ。義姉上は翼王を継ぐ息子が欲しかったから偽ってたのと真相を話します。

帰ろうとする臙脂を子蘭は引き留め、ここは崑崙虚だ…ニ度と来ないでくれと告げ、見えなくなるまで見送るのでした。

白浅と夜華は十里桃林で再び愛し合うのでした。

永遠の桃花 あらすじ58話(最終話)

(感想)

白浅と夜華が再び愛し合うことができてよかった💕

白鳳九は東華帝君とは人間界では結ばれたけど

青丘と天界では結ばれなかったのが悲しかった😭😭

そして 臙脂(えんじ)と子蘭も結ばれることはなかったし…

ミーユエの時もワクワクしながら見てたけど、

永遠の桃花も すごく幻想的で楽しかった✨✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation