白華の姫 あらすじ31話

「大逆」

蕭可が将軍府から多数の兵を連れ外出をしたと伝えられた陳王・無郁は身を隠し尾行します。

無郁は蕭可を助けると、将軍府にいる容楽を救いに行きますが出て行った後でした。

その頃、傅筹の書斎で兵力配置図を見つけた容楽は、傅筹が皇太子と結託し、謀反を起こそうとしていると気づきます。

さらに、出征したはずの傅筹が将軍府にいて痕香との会話を盗み聞きした容楽は、こっそり戻るなんて怪しいと思い
早馬で兵力配置図を黎王に届けるように命じます。

容楽は、北臨帝を追いかけ都で不穏な動きがあると説明します。

しかし北臨帝は傅筹を皇太子から引き離し、戦に同行させているから問題ないと言います。

傅筹が将軍府にいたと容楽から聞いた北臨帝は、先ほど会ったばかりだと驚きます。

そして軍営にいる傅筹が偽者だと発覚し偽者の傅筹の正体を暴こうとしますが、北臨帝はすでに薬を盛られており、体が麻痺し力が入らないのでした。

お前は誰だ?と問う北臨帝に傅筹は、符鴛の子だと告げます。

北臨帝は、母親を名で呼ぶ子はいないやはりお前は偽物だ。符鴛に仕えていた太監の林申か!と暴きます。

林申は、よく覚えていたな。だったら知っているはずだ。あんたが符鴛にどんなことをしたか!正体を知られたら
口を塞ぐしかないと薬を口に入れ、虎符を取り上げて出て行きます。

運良く見つからなかった容楽は北臨帝に駆け寄ります。

北臨帝は容楽に、ここで起きたことを無憂に知らせろと手振りで伝えます。

 つづく

白華の姫 あらすじ31話
(感想)

傅筹は本当に符鴛の子なのかしら❓

太監の林申が門主❓

次回が楽しみ😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation