スポンサーリンク

明蘭〜才女の春 あらすじ73話(最終話)

明蘭〜才媛の春

明蘭〜才女の春 あらすじ73話(最終話)

「勝負の決着」

澄園に敵が押し寄せ、明蘭が敵に襲われたところに、馬に乗った顧廷燁が現れ助けます。

明蘭は顧廷燁に、遅いのよ!もっと早くきてよ!と叩き
泣きます。

妻を部下に守らせるとすぐに顧廷燁は兵を率いて、陛下を救いに向かいます。

反乱軍の指揮をとっていた劉貴妃とその兄・馬輝将軍が
捕らえられます。

劉貴妃は、皇太后様が黒幕だと言い放ちます。

皇太后は、これまでの全てが政敵を謀反に導き一網打尽にするための皇帝の罠だったことを知らされます。

皇帝は皇太后に、顧廷燁と沈従興には精鋭を与え郊外に潜めさせました。皇太后様を欺くため英国公などは誠に国境へ…皇太后様の密偵は国境に駐留した旨の文を出すや全員捕まりましたと明かします。

皇后は皇太后に、陛下は皇太后様の居所を離宮に移したいだけですと告げます。

皇帝は、ちんが策を弄したのは皇太后様を倒すためではなく あくまで天下のためです。息子たちはとうに成算がありましたと言います。

皇太后は隠居を決意します。

一方、秦氏はなぜ外が静かなの?と腹心に聞きます。

腹心は、皇太后様が事態を掌握したからでしょうと答えます。

秦氏は、人質を取るため裏の屋敷に行った者たちから何の報告もない…と言います。

腹心は、あの庶子を捕まえたので宮中へ戻ったんですよ。
裏の屋敷のことでわざわざ報告に来ないはずだと答えます。

そんな中、顧廷煒(こていい)が、吉報です。廷燁兄上は生きています!兄上は逆賊を討ちに皇宮へ行ったそうですと伝えます。

秦氏は、つまり顧廷燁たちは…遠征などしてない…国境の敵襲も嘘よ!と勝負に負けたことを悟り、正気を失い息子の顧廷煒を古井戸に突き落とさせます。

腹心は顧廷燁に古井戸に廷煒が閉じ込められているので助けを求めます。

すると、顧家の本家の祠堂が燃えていました。

明蘭は盛絋に、私もずっと騙されてました。でも私が直訴の太鼓の所で倒れた時、皇后様は私の体調を案じて真実を話してくれたんです…と真実を打ち明けます。

顧家に盛家の皆も集まります。

小桃は石頭と結婚し、身ごもっていました。

明蘭は顧廷燁に、私は平凡な暮らしが好きよ…何も起こらないほうがいい…と微笑みます。

顧廷燁は、安心しろ。私が守っていれば天が崩れても心静かに食事もできるとおどけるのでした。

明蘭〜才女の春 あらすじ73話(最終話)
(感想)

最終話までハラハラドキドキ💓しながら観ました‼️

庶子の話なのに、ここまで話の内容も厚くて、飽きないで
あっという間に終わっちゃいました👍

斉衡も申和珍を思い合う夫婦になれそうですね…
本当によかった🎉

コメント

タイトルとURLをコピーしました