白華の姫 あやすじ58話(最終話)

「山河の志」

蕭可は容楽に、かつての皇太后も〝天命″の毒に冒され
産まれたばかりの陛下(容斉)に毒を移したの…だから陛下は生来 体が弱く 毎月 延命の薬を飲んで生きてきた…だから陛下の血には延命の効果があるわ。医書の残りの半冊にも解毒法が書かれていたの〝血をもって血を換え
命を持って命を換える″と…と声を詰まらせます。

それを聞いた容楽は容斉が、そなたの命私の命だ…私が そなたを守る。完全な解毒法を見つけた。私と一緒に来るならば母子の安全は保証すると言っていたことを思い出すと、容斉が自分のために死を覚悟していたことを知り嗚咽するのでした。

その頃、痕香は苻鴛から、念児(ねんじ)を救いたければ容楽の子供を殺すよう迫られますが機転を利かせ、無憂と傅筹の助太刀で2人の子供を救います。

痕香と傅筹は無憂の子と傅筹の子は北臨帝に渡します。

しかし、林申の反撃で傅筹と秦湘(痕香)は重なり合って亡くなるのでした。

無憂は林申にとどめを刺します。

人の感情を弄んだことが元で息子たちに殺し合いをさせてしまった…と後悔しながら北臨帝も亡くなるのでした。

符鴛に容楽の居場所を問い詰める無憂は、呆然としながら歩いてくる容楽(漫夭・秦漫)に気がつき走り寄ります。

符鴛は容楽に、容斉が何よりも苦しんだのは…お前が無憂を愛していると知った時よ!あの子は お前を救うため別の男のもとへの送り お前に憎まれても黙って受け入れていたと言い放ちます。

符鴛は息子・容斉の死の衝撃から、炎の中に身を投げるのでした。

時は流れ、容楽は無憂と離れ西啓で暮らしていました。

そんなある日、無憂に容斉からの文が届けられます。

〝黎王殿下 変わりはないか?私はじきに死ぬが心残りがある。母の罪は息子の私が命でもって償いたい。犠牲者たちが母を許し恨みを忘れるよう願う。私と漫の縁は終わっていた。今の漫は黎王だけを愛している。生涯漫を愛し添い遂げると約束してほしい。西啓の民は貧しく苦しみにあえぐ。私が死ねば国は滅びるだろう。どうか黎王に仁愛の心で万民を受け入れてほしい″と書かれていました。

漫(容楽)の元に蕭煞(しょうさつ)が来て容斉の墓参りをします。

漫(容楽)は、兄の世話をしてくれてありがとう…と礼を言います。

蕭煞は、陛下が宸国へ王妃を迎えに行ったのは解毒法を見つけたからです。私が陛下を信じたなら状況は違ってたやも…と悔やみます。

漫(容楽)は、いいのよ。あの毒が〝天命″と言う名前なのは運命を選ばせるから。ある者は我が子を犠牲にして己の命を救った…ある者は自ら犠牲になり他人の命を救った…斉兄さんは後者よ…自分が短命と知るからこそ人々の苦しみにも心を寄せることができたの…人のため犠牲になることも厭わずに…と話します。

漫(容楽)は無憂の元へ戻り、痕香の娘と自分の息子と
無憂と幸せに暮らすのでした。

白華の姫 あらすじ58話(最終話)
(感想)
容斉の気持ちを思うと やるせない気持ちで
いっぱい😭

そして、記憶を消された容楽は、愛する容斉を恨み続け
無憂を愛し子まで作った罪悪感は計り知れないね😭

時間が経ち、容楽はやっぱり無憂を愛していたと
悟ったのね💕💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation