スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 29話

「毒には毒を」

ヤンは、煎じ薬とナツメを口に入れ、指を舐めると喉を押さえて
苦しみながら倒れます。

苦しむヤンの口にかんざしを差し入れたパク内官は、変色するのを見て
〝毒です〝と叫びます。

原因は煎じ薬ではないと言うとタナシルリに、皇太后は、ここで煎じ薬を
飲んだものが相次いで倒れたのです。何者かが側室たちを狙っているやも
知れない。皇后が側室を妬んで仕組んだことと誤解を受けるのでは?と言います。

タナシルリは後宮をこのように掻き乱す犯人を暴き出すと言います。

一方、陛下はヤンが倒れたと聞いて心配しますが、皇太后から伝言があり、
ヤンが自ら毒を飲んでタナシルリを窮地に追い込む策だと伝えられます。

陛下は眠るヤンをを訪れ、命を懸けて後宮での戦いをする彼女の思いの強さ
知り理解しなかった愚かな皇帝を許せと詫びるのでした。

ナツメに毒があったことが判明し、タナシルリは側室や女官、宦官の部屋を
を調べるよう命じます。

一方、ワン・ユは、ヨンビスに命を狙われましたが、逆にヨンビスを
人質にとり、メバク商団から逃れるため役所に身を隠します。

ワン・ユはヨンビスを利用し、メバク商団の情報を引き出そうとします。

パンは、女に買われていたチョクホ(マクセン)を買い戻します。
ワン・ユはチョクホに、ヤンを助けてくれたそうだな。ヤンは元気なのか?
と聞きます。

チョクホはヤンは元気だと伝えますが、妊娠すら知らないワン・ユに、亡くなった
ヤンの赤子の事は言いませんでした。

一方、ヤンは陛下の寝所で目覚めると、部屋に戻りますと目を背けます。

陛下は、もう そなたを失望させぬ…私の全てをそなたに懸ける。そなたが死ねば
私も生きてはいけない…そなたの心に私がいなくとも恨みはせぬ。
側にいてくれるだけで良い。それで十分だと告げて抱きしめるのでした。

その頃、タナシルリの犯人捜しは、偽りの自白で側室の罪にするつもりだと
陛下とヤンに伝えられます。

ヤンは長官たちを動かすようにペガン長官に伝えなさいとプルファに命じ、
事を大きくするほどタナシルリの罪が重くなると言います。

タナシルリは、皇太后の居所を調べます。
ヤンは、まだ皇后様の居所が残っていると言います。

タナシルリの居所の宝石箱の中からナツメが出てきます。
ソ尚宮が食べて苦しみ出します。

その宝石箱の毒入りのナツメは、ヤンがフクスの名でタナシルリに贈るよう
タルタルに頼んだものでした。

犯人は皇后様だと聞いたヨンチョルは、フクスを捕らえるよう命じます。

タルタルとワン・ユたちは、フクスを捕らえに行き、隠し扉から暗号で
書かれた帳簿を見つけます。

一方、陛下は大明殿で、皇后の悪行は決して許されるべきものではない。
皇后の廃位をどうか御下命ください!どうか御下命ください陛下!と言われます。

そこに鎧を着たヨンチョルが親衛隊を連れでやってきます。
ヨンチョルはタナシルリを廃位ではなく冷宮に行かせるのでした。

タナシルリは、何もかにもヤンが仕組んだ事だと知るのでした。

その頃、ワン・ユは、タルタルからヤンが自ら願い出て、皇帝の側室に
なったと聞いて、そんなはずは…一体何故?なぜそのような道を選んだのか…
と衝撃を受けるのでした。

ヤンが側室になったと聞いたパンたちも呆然となるが、タルタルから
ワン・ユとの関係は口外せぬよう禁じられるのでした。

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 29話(感想)

次週3月1日は、特別番組「もっと楽しむ!」なんだわ〜

後宮のタナシルリ皇后一人のドロドロさが、チョット飽きてきたわ!

陛下は喋れるのに喋れないフリで黙ったまま。

字が書けないから朝廷では人形。なんだかいても、いなくても同じかなー

やっぱり私は、皇帝と寵愛を争う側室たちの話の方が好きかな☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました