スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 41話

「隠し部屋」

ヤンは密かにワン・ユに会い、秘密資金を運び出す
方法を相談します。

ヤンは、タルタルが資金探しに出た2日目の晩に決行するために、
自分に考えがあると言います。

ヤンは、腐った牛の乳を女官たちが食べる汁物に入れ、
ネズミを井戸の中に入れよと、プルファとホンダンに命じます。

ワン・ユはペガンに、高麗に帰ると話すと屋敷で
送別の宴が開かれます。

ヤンは、プルファたちに宮中の厨房と井戸に細工させ、
流行り病と勘違いさせます。

そこで、皇室の人々は宮中からペガンの屋敷に避難します。

一方、タンギセたちは鉱山村に戻ります。
そして、マクセンの案内で封鎖されている作業場の納屋で、
莫大な金塊と交鈔を発見しますが、それらは、以前マクセンに
運ばせた偽金でした。

鉱山村に着いたタルタルは、タンギセが金塊と高鈔を
運んでいったと聞いて後を追います。

タンギセが運んでいた金塊と高鈔は、マクセンによって燃やされます。

その残骸を見たタルタルは高鈔が偽金だと察知して、
子供達が口にする歌から、秘密資金の在り処がヨンチョルの
屋敷だと気付き大都に戻ります。

ヤンは、馬弔(麻雀のご先祖)でタファンをらを集めて、
その隙に金を運び出そうとします。

ヤンは屋敷の書棚の奥の隠し部屋に莫大な秘密資金を発見し、
ヨンビスに運び出させます。

タルタルは、ヤンに秘密資金が渡ったと感づきます。

タルタルは、酒の席で秘密資金はすべて燃え、タンギセを
逃してしまったと皆に報告します。

後日、ヨンビスがヤンに秘密資金を届けに来ます。
そこに、皇太后とバヤンフトを伴ったタファンが現れて、箱の中の
大量の金塊に驚きます。

タファンは、ヤンのために、皇太后とバヤンフトに
気づかれぬように、急いで運べと命じます。

しかし、ヤンはその金塊を見せるのでした。

つづく

スポンサーリンク

奇皇后 あらすじ 41話(感想)

どうして、秘密裏に秘密資金を手に入れたのに、
皇太后とバヤンフトに見せたのかしら?何かあるわね!

ワン・ユは、自分の子と知らず、マハ皇子を抱いて可愛がり
マハも懐くのは、やっぱり血なのかな〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました