↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ15話

「誕生日の贈り物」

珍珠は療養から広平王府に戻ります。

翌日が李俶の誕生日であると知り、徹夜で手縫いの靴を完成させます。

心のこもった贈り物に李俶は気持ちが和むが、楊国忠を刺激せぬよう表向きは崔彩屏を厚遇します。

そんな中、李俶は李泌(りひつ)という人物を訪ねるために、

端午節に避暑の目的で父母と山に行くことにします。

避暑に行く話を小耳に挟んだ崔彩屏は、一緒に行こうとします。

李俶は、父母のために行くのだから君は行かなくていいと断ります。

崔彩屏は、嫁としてしかとお世話しなくてはと連れて行ってほしいと

甘えます。

一方、沈珍珠は避暑に同行せずに、亡くなった両親の供養をしに大興国寺に行きます。

そして、李俶は李泌を訪ねると、彼の姿はなく、楊国忠を弾劾しようとした者の名簿が残されていました。

楊国忠は李俶が自分のことを嗅ぎ回っていることに気づいていました。

珍珠は寺に行き両親の供養をしていると安慶緒は再び沈珍珠に連れて帰ると言います。

珍珠は、私が必死に捜していた〝太湖の君〟は幼い頃の李淑だったのと告げます。

安慶緒は、私は幼い頃から一緒だったし尽くしてきただろう?それなのに機会すらくれないのか?と詰め寄ります。

しかし珍珠は冷静になって….あなたは実の兄と同然だったのよ。どうか分かってと頑なに拒否します。

珍珠は1人でうつむいて町を歩いていると、目の前に李俶が現れ、危険な目にあったらどうすると心配します。

李俶は珍珠に、一緒に祭りを見ようと誘います。

2人が楽しんでいると突然刺客があらわれ、追い詰められた李俶と珍珠は崖から落ちてしまうのでした。

気がついた珍珠は李俶の意識がなく焦りますが、李俶の意識が戻り

安心しますがすぐに刺客がやって来て、2人は逃げます。

山道で小屋を見つけた2人はそこで過ごすことにします。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ15話

(感想)

刺客に終われ小屋で2人は着替えることに。

でも、雨で濡れたわけでもなく着替える意味が分からなーい😩

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ15話

「錯綜する想い」

李未央は娘に成り済ましていると知っていながら助けてくれた七姨娘に、本物の李未央は黒幕の叱雲柔と李敏峰の手下に殺されたと伝えます。

七姨娘は、我が娘未央は あなたを命がけで守った…あなたは真心で私に接してくれた。その優しさは 全て目に焼き付いてるわ。とうに あなたは実の娘だと思ってる。今後は あなたも未央と同じく私の娘よと泣きながら抱きしめます。

そんなある日、何かと李未央を助けてくれる李敏徳が、伯父上の代わりに先祖を祭りに真定に出発します。

李敏徳に好意を持つ皇女の拓跋廸(たくばつてき)は第8王子のフリをして追いかけて来て 付きまといます。

そんな李敏徳と拓跋廸の一行を焦統領は見ていて、あとをつけて王子を守れと部下たちに命じます。

宿に泊まった夜、酒を飲んだ李敏徳と拓跋廸は酔いつぶれ、朝を迎えます。

李敏徳は拓跋廸を皇女とは夢にも思っていないので、第8王子は男色だと気持ち悪そうに部屋を出ます。

李未央は、白芷と君桃の3人で外に出かけます。するとそこに拓跋濬(高陽王)が偶然を装って現れます。

拓跋濬(高陽王)は李未央の身分は重要ではない。どんな身分だろうと そなたは私が心にかける李未央だと告げます。

話の途中で、拓跋余(南安王)がやって来ます。

3人は共に過ごしますが、李未央が毒虫に刺され、その手当を拓跋濬(高陽王)がします

その様子を見ていた拓跋余(南安王)も、実は李未央の後をつけて来ていたのでした。

李未央が拓跋濬(高陽王)と密会していたと耳に入った長楽は叱雲柔に、泣きつきます。

数日後、李家では叱雲柔がしばしば体調不良を訴えるようになり

血まで吐くようになります。

そんな中、叱雲柔は何者かに呪われたと侍女が言い、道士が呼ばれ、

この屋敷の中に呪いの品があると言います。

皆の部屋を調べることになり、李未央の部屋にあった鍵のかかった箱の中に呪いの品が入っていたのでした。

つづく

王女未央 あらすじ15話(感想)

李未央は、拓跋濬(高陽王)と拓跋余(南安王)に

好かれているのね~

でも…李常茹は拓跋余(南安王)をずっと想い続けているのよね。

李未央は、また陥れられそう😱

ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月 あらすじ15話

「祖国との別れ」

茵公主と黄歇(こうあつ)と婚儀の日、黄歇が書斎から出てこないと聞いた茵公主が、迎えに行くと そこにいたのは太子の横(こう)でした。

黄歇が逃げたと知った茵公主は姝公主の輿入れ式に乱入し、ミーユエを叩きつけます。

腹を立てた茵公主は楚王と威后に、ミーユエを罰するよう申し立てます。

しかし、楚王は、母上が無理に縁談を進めたせいだと一蹴します。

ミーユエは楚に1人残る戎に別れを告げ、冉、葵姑と共に侍妾として秦に旅立ちます。

秦楚国境の町、襄城に着いた夜、ミーユエの部屋を唐昧が訪ねてきます。

唐昧はミーユエに、あなたはユエ公主 あの時の覇星だ。私はあなたを誕生の前から存じておる。あの日 私は夜空に輝く覇星を見つけた…

覇星は星々を動かし天下をべる兆しの星。すぐ大王に報告した…未来の覇者が生まれると…大王はお喜びになった。だが生まれてみれば赤ん坊は女であった…大王は怒りのあまり私の両眼をうがち辺境に追放したと話します。

ミーユエは、父上は私を覇星と呼んでいたわ…と思い出します。

唐昧は、そなたも存じておったかと答えます。

ミーユエは、私は普通の娘だわ でたらめはやめてと言います。

唐昧は、天の意思は変えられぬ。男も女も 天命の前では無力だ…

逆らえば 害が及ぶだろうと首を振ります。

ミーユエは、これ以上 まだ苦しめというの?私と家族がどれだけ苦労を重ねてきたかと怒ります。

唐昧は、私はただ天象を読み星の変化を ありのまま伝えたまで…と

言います。

ミーユエは、おかげで母は亡くなり私と弟も虐げられてきた!私たちに何の恨みがあるというの!と責め追い出そうとします。

突然 唐昧はミーユエをかばい、刺客が放った矢を受けて亡くなります。

やがて一行は国境を越え、いよいよ秦の領地へ入ります。

その頃から姝公主は体調を崩し始めます。

ミーユエは弱気になって楚に戻りたいという姝公主を励まします。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月 あらすじ15話(感想)

ミーユエを狙った資格は、誰の陰謀かしら?

これからも命を狙われながら生きなきゃならないミーユエが

可哀想😭