ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月 あらすじ9話

「幽閉」

夜光石の罪を着せられそうになるミーユエを、助けようと黄歇と

姝公主は懸命に無実を証明しますが、それでも納得しない威后に、

南后は、3人の公主に窃盗の嫌疑がかかっているなど 世間に広まれば物笑いの種になるでしょう。王族の面丸潰れです。夜光石は義母上に差し上げます。ですから窃盗事件のことは これで終わりになさいませ〝和〟を保つためにもと説得します。

楚王は、母上 この件はこれで決着としましょうと言います。

ミーユエは黄歇に、今回の事件の礼を言い、脚を切られたら弟たちの面倒を見られなくなる。足手まといになるくらいなら死ぬ…と

言います。

黄歇は、君が脚を失ったら弟たちの面倒は 私が見ると言います。

ミーユエは、脚を切られなくても窃盗の汚名を着せられたら皆から避けられるわ…と話します。

黄歇は、私は どんな時も側にいるよと言います。

ミーユエは、本当に嫌いにならない?と聞きます。

黄歇は、君がどんなふうになろうと 私のかけがいのない人だ。君は魅力的な人だ。私の望みは ただ一つ君と心が通じ合うこだ。私は君を放ってはけないと答えます。

ミーユエは、どうして?と聞きます。

黄歇は、宿命だよと答え微笑み合います。

一方、黄歇に片想いする茵公主はミーユエへの嫉妬から威后に、

ミーユエが姝公主と秦王との仲を取り持っていると威后に密告します。

威后は姝公主の部屋から男物の手ぬぐいを見つけ、ミーユエが言葉巧みに姝を晒した。ユエは厚顔無恥でよこしまな心を持っていると

処罰され月華台に幽閉されてしまいます。

同じ頃、魏の公主が楚王に献上され、楚王は美しい魏美人のもとに通い詰めていました。

孤独な魏美人は庭を散歩していると、幽閉されているミーユエと出会います。

一方、南后は楚王の寵愛がなくなり、寂しさのあまり気が触れたようになります。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月 あらすじ9話

(感想)

王の寵愛がなくなれば、後宮では何の力もなくなるのね。

寂しいわね~💦💦

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ9話

「盗まれた策」

李未央はかつて護衛だった君桃を捜すため祈祷のフリをして清風観に行き、村に1人で向かいます。

そんな中、次女しかいない清風観に、長楽がやってきます。

次女は、李未央が外出してると知られたら大変だと動揺します。

一方、李未央はこっそり村へ行き、水害の視察に来ていた拓跋濬(高陽王)と出くわし、戻ってくると長楽の侍女たちが清風観の入り口にいるのを見て急いで裏から戻ります。

李未央は長楽が突然やって来たのは何か 企んでるからよ…油断できないわと侍女たちに言います。

李未央が清風観にいると伝えられた拓跋濬拓跋濬は会いに行き、未央 急にトゲトゲしい態度でまるで針鼠だぞ。以前と大違いだと言います。

李未央は、あの頃は 殿下の身分を知りませんでした。でも真実を知った今、親しく接するのは無理ですと答えます。

拓跋濬は、私はそなたに琴を弾いた拓跋濬だと言います。

李未央は、私は以前の未央ではありませんと立ち去ります。

李長楽は、李未央が自分に隠れて拓跋濬と逢いびきしたと思い込み怒りをつのらせ未央の頬を打ち、高陽王には近づくなと命じたのを忘れたの?私と張り合うなんて許さないと激怒します。

未央は、拓跋濬のために水害の救済策を考え書き止めます。

長楽はその救済策を横取りします。

未央は太子妃に〝救済策〟はまだ完全ではなく問題を引き起こすかもしれませんと訴えます。

つづく

王女未央 あらすじ9話(感想)

未央の侍女の紫煙が、裏切り者なんだよね~

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ9話

ソヌはアロから、今日が母の命日だと聞き、ソヌは眠れぬ夜を過ごしていました。

ヨウルの秘策によって仙門の警備が手薄になったことを知ったソヌはアロの家に向かうことを決意し、同室の仲間たちも街へ繰り出します。

アロは突然のソヌの帰宅を喜びます。

アロは、母が亡くなった日は分からないから誕生日なの。兄上がいると心強い。今は余計な心配はしないことにする。今はただ兄上がいて うれしいと告げます。

ソヌは母親は子守唄が下手だった?と聞きます。

アロは、母上は歌えなかったわ。言葉を話せなかったから…と答えます。

アロは、ソヌが本当の兄ではないのではないと感じます。

一方、スホの妹スヨンは一人で街を歩いていたパンリュを兄と間違えてお尻をつかみます。

都中で、パンリュがスヨンの胸を触ったという噂が立ちます。

アロはスヨンとお酒を飲みながら、私は兄上が好き…兄上が本当に兄上なら うれしい…でも 兄上でなければいいのに…と泣き出します。

パンリュの養父ヨンシルはソヌに、友が殺されたと?兵士に…殺されるほどの罪を?と尋ねます。

ソヌは、お前は誰だ?と驚きます。

ヨンシルは、王の顔を見たか?と尋ねます。

ソヌは、王の顔とは一体…と思い出します。

ヨンシルは、私が味方かどうか手がかりを与えよう。私は太后の反対側に立つ者だ。お前の父と同様 太后に不満がある。王の顔さえ分かれば借りを返せるかもしれんぞと告げます。

ソヌは、残念だが何も知らないと答えます。

ソヌはマンムンが王の顔を見て死んだのなら その王を許せない…

ここにいて王にあったら必ず返してやる…お前の借りをと誓います。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ9話

(感想)

ジディが王だとは知らないソヌ…

アロはジディよりソヌが好きなんだね…