記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)

「審判が下る」

テソクは事務所を去ります。

イ代表は息子のスンホの事件が明るみになり、全ての役職を辞任します。

そんな中、クォンの再審請求裁判が始まります。

テソクは個人事務所を開設し、チョン弁護士と秘書のソナも加わります。

そんなある日、テソクはスンホからネパールにボランティアに行くと電話で伝えられます。

テソクの病気は進行し続けていました…

ある夜、妻ヨンジュが夜中に目を覚ますと隣にテソクの姿がなく、

リビングでトイレの場所が分からなくなって佇んでいるのでした。

テソクはチョン弁護士に、次の公判…お前がやってくれと頼みます。

チョン弁護士は、弱気になったテソクを、諦めてはダメです。決着をつけられるのは あなただけです。依頼人の無罪を証明しシン副社長を真犯人にできれば、ファン会長(イ代表の母)の裏工作が暴け、そうすればヒョヌク殺害教唆を証明する機会もできます。ドンウのためにも勇気を出してと励まします。

記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)後半

そんな中、シン副社長の父の会長がテソクを呼び出し買収を持ちかけます。

テソクは、私はアルツハイマーですよ…もう損得に興味はない。今はただ失ったものを取り戻したいだけですと断ります。

次の公判の日を迎えます。

テソクは被告人クォンの無罪を勝ち取ります。

シン副社長は殺人容疑で拘束されます。

ファン会長は自殺します。

裁判が終わるとテソクの病気は急激に悪化します。

そんな中、ヨンジュはテソクの友人であり主治医から、テソクの病気が進行したら渡してくれと言われたと箱を渡されます。

帰宅したヨンジュは、箱を開けると

〝ヨンジュさん…これを聞いてるということは お前を忘れるほど悪化したんだな…最初に道に迷った日を思い出す…あの時は絶望しかなかった。神が恨めしく何の希望も持てなかった。でも不思議なことに最近はアルツハイマーが神の恵みに思える。それはきっと いつもお前と子供たちが俺のそばにいるからだ。お前には言葉で言い表せないほど感謝してる。銀行の貸金庫にお前を俺の法的代理人だと証明する書類がある。俺が入る施設の契約書も入ってる。俺からお前への最後の頼みだと思って聞き入れてくれ。お前に会えただけで 俺は十分恵まれてる。ヨンジュさん…愛してる〟とボイスレコーダーに録音されていました。

記憶~愛する人へ~あらすじ21話(最終話)

(感想)

テソクは最初の結婚の時に息子をひき逃げされ亡くし

アルツハイマ~という病気によって、息子を殺した犯人、

そして、自分が扱った事件が冤罪だったことに気がつき、

記憶がなくなる前に自分の人生で気になっていたことを解決する。

そこには、妻ヨンジュや、友人、後輩のチョン弁護士と秘書のソナが

テソクを蔭で支える姿に、感動を覚えたわ~~

そして、テソクと父親との確執が、テソクの病気によって

緩んでくるのが涙を誘った。

例え、親でも、立派な職業についている人でも、完璧な人なんかいない。子供は親を許せだ時、何かが変わるんだと思った(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

記憶~愛する人へ~あらすじ20話

「罪の告白」

チョン弁護士はアルツハイマーのテソクが傷つかないように配慮しながら、事件の解決に力を貸します。

テソクは妻のヨンジュに、これ以上病気のことは隠せない。お前と子供たちが傷つくかもしれないと告げます。

ヨンジュは、心配しないで。誰に何を言われても私たちは平気よ

安心して。2人に話しておくと答えます、

テソクは息子のジョンウを学校に送り届ける車の中で、病気のせいでイヤな思いをするかもしれない。友達にいろいろ聞かれるかも…と

話します。

ジョンウは、何か聞かれたら答えればいい…パパは病気だ。何も悪くないと答えます。

その後、テソクはテレビの生放送に出演し、テレビでアルツハイマーだと公表します。それと同時に、15年前18歳だったクォン・ミョンスの冤罪は自分の無責任と傍観で33歳の今も刑務所にいると訴え

事件に注目が集まります。

そんな中、スンホがひき逃げだけでなく、ヒョヌク殺害も自分だと

自首します。

イ代表は取り調べを受けている息子のスンホに、お前は数年前から統合失調症だ…全部妄想だ。友人の自殺に衝撃を受けたせいでひき逃げをしたと思い込み、ヒョヌクを殺したと錯覚した。そして誤った自首に至った…分かったな?と言います。

スンホは鼻で笑い、僕が殺した…と答えます。

イ代表は、ふざけるな!48時間以内にここから出すと言います。

スンホは、テソク弁護士を呼んで。彼としか話さない…と答えます。

記憶~愛する人へ~あらすじ20話後半

そんな中、テソクが現れ、スンホと話します。私はひき逃げの被害者の父親で殺されたヒョヌクの代理人です!と取調室に入って行きます。

スンホはテソクを見ると、僕の犯行です…息子さんを助けようともせず逃げました。あの時逃げなければ良かったと毎日 後悔した。

ヒョヌクは僕が犯人だと知っていて脅迫されました。それで殺害を…

と話します。

テソクはスンホの頬を叩きつけ、お前は殺してない。他のやつの仕業だ。法をなめるな。お前のアリバイは すぐに証明できる。通話記録と監視カメラで確認できると言います。

スンホは、カメラを避けたので映っていませんと答えます。

テソクは、お前のウソは俺が証明すると言います。

スンホは、僕が殺したんです!償うと言ってるのになぜです?と叫びます。

テソクは、ウソだからだ…本当に許しを請いたければ自分が犯した罪を背負え。自虐的なやり方で卑怯に逃げるな。お前が何をしたのか どれだけ卑怯か 生涯片時も忘れることなく これからの人生を生きろ!告白したからと言って許されもしなければ、終わりもしない。

許される道は その罪悪感を一生 お前が背負うことだ!そして力の限り生きろ!と叱責します。

スンホは、テソクの言葉に涙を流し、申し訳ありませんでしたと心から謝罪します。

一方、チョン弁護士は15年前のクォンの事件を調べていました。

テソクは事務所を辞めます。

つづく

記憶~愛する人へ~あらすじ20話

(感想)

テソクの元妻ウンソンが警察署にいるスンホに、

立派な言葉を残したの。自分の子供を殺された人がこんなこと言えるなんて、やっぱ検事だね~

記憶~愛する人へ~あらすじ19話

「どんな妨害に遭っても」

テソクはヒョヌクを拉致した犯人が自首したと連絡を受け、すぐに警察署に向かいます。

チェ刑事が拉致と暴行だけで済ませる気だと分かったテソクは、怒りを露わにし取調室に突然入っていきます。

テソクは犯人の胸ぐらをつかみ、誰の命令で殺した!全部吐きやがれ!と逆上し、チェ刑事に、これで終わると思うなよ!背後の奴を暴いてみせると言い放ちます。

テソクはイ代表の息子スンホを呼び出し、今日は3杯だけ飲む…まずは無念の死を遂げたドンウのためだ…次はお前の友ヒョヌクの哀悼だ…お前は優しい。だから逃げ出すんだ…

しかし いくら逃げても また元に戻ってくる。真実とは そういうものだ…世の中をだませても自分は だませない。いくら逃げようとしても自ら乗り越えない限り苦しみは消えない。俺には分かる。お前の苦悩を思うと許してやりたいが それはできない。何としても証明してみせる。それを阻止するのがお前の父親やファン会長でも怖くはない…

最後に絶対に諦めないという約束だ…と話します。

スンホはテソクの話を黙って聞きながら涙を流します。

テソクはチョン弁護士に電話をかけ、どんな妨害でも正々堂々と立ち向かうと宣言します

記憶~愛する人へ~あらすじ19話後半

一方、イ代表は脅迫しようとするシン副社長に、私にも切り札がありますと、シン副社長が15年前に犯した殺人事件を持ち出して対抗します。

そんな中、前妻のウンソンはヨンジュに電話をかけ、実はテソクさんに最近大きな出来事が…普通の人でも大変なのに彼の病気を考えると あなたも知っておくべきかと…とテソクの置かれている現状を話します。

ヨンジュは、ありがとうございます…だいじょうぶですか?とひとりで耐えてるあなたが心配だと、ウンソンのことを思いやります。

退職することを決めたテソクに、チョン弁護士と秘書のソナも退職願をテソクに渡し、テソクについて行くと言います。

そんなある日、〝有名弁護士 A氏 アルツハイマー疑惑〟という記事が出ます。

つづく

記憶~愛する人へ~あらすじ19話

(感想)

ヨンジュの優しさがウンソンの凍りついた心を溶かした感じがした…

あの母親からヨンジュのような天女のような女性が生まれるなんて

信じられない(*´-`)