ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ69話

「苦渋の外交」

ミーユエは蘇秦に、蘇秦殿は私と息子の恩人でもあります。やっと恩を返せる時が来ました。かつて 子之の乱が起きた際に燕は斉軍により国土を蹂躙されました。秦が安定を得た暁には燕の恨みを晴らすべく諸国へ働きかけて斉を討とうと思っていますと話します。

蘇秦は、斉は燕の併合をもくろんでおります。秦をはじめ諸国の助力を得れば斉を討てましょうと感謝します。

ミーユエは、この約束は必ず果たしますと約束します。

2番目は、楚の使者が呼ばれます

ミーユエは各国の使者と交渉し、領土割譲を条件に函谷関から兵を撤退させます。

甘茂はミーユエの独断での決定を非難します。

しかし、ミーユエに激しく叱責され右相の職を辞任します。

樗里疾を訪ねた甘茂は、旧制度を復活させれば公子たちの反乱も収まり、諸国の標的の的とならずに済むと話します。

樗里疾は秦は最も歴史が浅い国だ。特権を享受するだけの王族に頼っていれば秦はとっくに滅んでいた!変法の堅持こそ秦の発展の道と主張し、そなたは必要ないと甘茂を追い返します。

翌日、仮病で朝議を欠席した甘茂派の臣下に対しミーユエは、

はやり病の知らせは受けていない。一斉に病に倒れるとは心配であるな。休んでいる者の屋敷へ侍医を送り治療を受けさせよ。心の病を得ているのかもしれぬ。養生に専念するよう伝えよ。職務を全うする気がないなら二度と朝議に出ずともよい。邪魔なだけだと言い放ちます。

樗里疾は、太后 ご英断ですと答えます。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ69話

(感想)

ミーユエが寝殿に義渠君を出入りさせていることが

気に入らない臣下もいるよね~~

ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ68話

「太后誕生」

稷が即位し、ミーユエが摂政になり〝太后〟の尊号で呼ばれることになります。

ミーユエの41年に及ぶ執政が始まる。史書では宣太后(せんたいこう)と呼ばれる。

しかし、いまだ公子らによる内乱は続き、函谷関外に兵を駐屯させる各国は秦の混乱に乗じて侵攻をもくろんでいるのでした。

恵后は華公子と手を組み、華の駐屯地の雍に身を移し、華に王位を約束し、守旧派の支持獲得を狙い旧制度の復活を宣言します。

華は恵后から命を受け他の公子らと咸陽討伐に向かったと伝えられます。

ミーユエは義渠の兵や白起らにこれを迎撃させ、各国の使者を咸陽に呼び交渉を試みることにします。

ミーユエは一番最初に燕の使者・蘇秦と交渉を始めます。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ68話

(感想)

ミーユエの執政が41年に及ぶってことは、稷は50歳近いよね~😩

ミーユエ 王朝を照らす月を見忘れた方はU-Nextでみることができますよ!
U-NEXならスマホやPCにダウンロードできるからパケット代を気にせずどこでも楽しむことができます。
見落とした方はどうぞ!
↓ ↓ ↓
U-NEXTで ミーユエ 王朝を照らす月を視聴する!

ミーユエ 王朝を照らす月 DVDレンタルできます!

TSUTAYA ならネットでDVDをレンタルできます。
レンタルショップに出向いて探す必要がないので便利です。

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ67話

「起死回生」

義渠君はミーユエの言葉と祈祷で奇跡的に一命を取り留めます。

義渠君とミーユエは結ばれます。

お前にしてやりたいことがあると言う義渠君にミーユエは、私を娶るため 結納の儀を?私に牛や馬や羊を何匹 贈ってくれるの?と聞きます。

義渠君は、お前は馬が好きだろ草原の駿馬を全てやる。だが別のことだ…秦だ…お前が黄歇を捨て危険を顧みず、稷と秦へ帰った理由は何だ。秦のためだろ。お前は床で うなされながら〝秦〟とつぶやいていた…と話します。

ミーユエは、つまり秦を私に?と聞きます。

義渠君は、そうだ。秦は 武王が死んでから混乱が続いている。今が好機だ。義渠も昔より強くなった。お前と稷に秦を取り戻してやる力はあると言います。

ミーユエは、それは…難しいわ…と答えます。

義渠君は、だが 義渠が全力を傾けれは恵后を倒すのは不可能じゃないと言います。

そんな中、魏冉がやってきます。

ミーユエは魏冉に、義渠人にミーユエが捕らわれたと噂を流すように指示します。

ミーユエは自分が囮となり王宮に乗り込む計画を義渠君に協力してもらいます。

恵后は義渠人にミーユエが捕らえられたと知らされ、強欲で意地汚い連中よ。その欲を満たしておやり。ミーユエとの交換を彼らに伝えて。車5千台分の食料と絹千疋 さらに1万金よ!と勝ち誇ったように言います。

一方、義渠君はミーユエのために、長年連れ添った妻を里に返します。

そんな中、老巫(ろうふ)は義渠君とミーユエの婚姻を頑なに反対します。

義渠君はミーユエの計画に協力し、恵后との取り引きのために咸陽にミーユエを護送し、金品を受け取りに王宮に出発します。

宣室殿で恵后と兵、ミーユエと義渠君と兵が対峙しているところへ、魏夫人と魏頤と兵が贈り物だと言って壮公子の着物を持ってきます。

そして三つ巴の戦いが始まろうとしていた時、樗里疾と司馬将軍らが入ってきます。

樗里疾は、これから 先王の遺詔を布告し秦王を迎えますと告げます。

恵后は、遺詔なんてどこにあるの!と叫びます。

ミーユエはかんざしに隠していた遺詔を取り出し樗里疾に渡します。

樗里疾は、遺言を読み上げます〝我が子 嬴稷(えいしょく)は

徳量寛大にして品行方正、聡明英知てある。ここに 嬴稷を王位に就かせる〟新王をお迎え申し上げますとひれ伏します。

稷が入ってきます。

恵后は、こんな乳臭い子供を王に?嫡子でもなく 才覚もない ばかげているわ!と逆上します。

稷は、恵后 武王后 魏夫人を帰らせよ!と命じます。

つづく

ミーユエ王朝を照らす月あらすじ67話

(感想)

クライマックスで稷が入ってきた時、画面釘付けでした。

恵后の意地悪い目の動きに、演技が上手すぎて感心したわ😱