仮面の王イ・ソンあらすじ20話(最終話)

ウ・ボは解毒剤を作るためにチヌの花をどう使うのか分からず困っていました。

そこに、ファグンの父親が現れ、解毒剤の処方を教えてくれ、毒を飲んでいない者には、解毒剤は猛毒となることを告げます。

王となった世子イ・ソンは、水売りたちが飢え死にすると騒いでいると聞かされ、テモクにそそのかされたジュンクな民を武力で静めてはならぬと命じます。

そんな中、ウ・ボは解毒剤を完成させます。

辺首会の毒に侵された重臣たちは解毒剤を信用できないと飲もうとせず、辺首会の首領テモクに命乞いに行かせてくれとイ・ソンに訴えにきます。

そこでカウンが効き目を証明しようと自らチムの毒を飲み、そして解毒剤を飲んでみせますが、意識を失い倒れてしまいます。

しばらくするとカウンは目覚めます。

王イ・ソンは兵を率いてテモクの屋敷へ向かい、辺首会は大罪を犯した!王宮で王を殺め、市場では民から金を絞り取り、罪なき者を死へと追いやった!よって天と神に代わり辺首会を成敗する!皆武器を置いて投降せよ!抵抗すれば容赦はしない!半刻猶予をやる。それまでに投降すれば命だけは許してやろうと告げます。

半刻が過ぎ王イ・ソンたちはテモクと残党と最後の対峙をします。

テモクは自ら死にます。

王宮に戻ってきた王イ・ソンはカウンを抱きしめます。

王イ・ソンは友のイソンに解毒剤を渡します。

イ・ソンは賎民のイソンに、お前に私の身代わりを頼んだ時は

それがどれだけ危険なことか 分かっていなかった…と心から侘びます。

イソンは、俺は…あんたの王座を奪おうとしたのに、私に侘びごとなど言わないでください。私も王様に許しを請わないつもりですと言います。

イ・ソンは、生きていればいつかは誤解が解ける日もこよう…運命が例え私たちを引き裂こうと お前は今も私に初めてできた友だと告げます。

賎民のイソンは、ヒョンソクにだまされていたことに気がつきます。

カウンは手紙を置いて王宮を出ます。

王イ・ソンは大臣たちを説得し、カウンを迎えに行きます。

カウンは、王様の妃となり、王様のそばにいますと答えます。

賎民のイソンはウ・ボに、私の護衛だったヒョンソクがテモクの密偵でしたと伝えに行きます。

そのヒョンソクはカウンの命を狙っていました。

ウ・ボは、王イ・ソンに、そのことを伝えに行きます。

賎民のイソンはカウンを守ろうとして斬られ、亡くなります。

絶体絶命のカウンを王イ・ソンは、カウンを助けます。

ー1年後ー

イ・ソンはカウンに、真の王とは何だろうか?生涯この問いを繰り返すだろう…私は その答えを探すことを決してやめはしない。そうすることが私のために死んでいった人たちに報いる唯一の道だから…と

話します。

王妃になったカウンは、私は生涯王様をおそばでお守りしますと誓います。

仮面の王イ・ソンあらすじ20話(最終話)

(感想)

王イ・ソンにとって邪魔な人間は皆死んだね~👍👍

仮面の王イ・ソン あらすじ18話

コンはファグンの遺言で世子の側にいるのでした。

一方、カウンは王イソンに、王妃に選んだのは一体どういうこと?あなた何を考えてるの!と抗議します。

王イソンは、お嬢様が側室になることは決してないと、そう申したはずですお父上の身分が回復したことは何もおっしゃらないのですねと

言います。

カウンは、そのことは感謝しているわ…でも 私には王妃にはなれない!と言います。

王イソンは、王妃になることが嫌なのではなく、私と婚姻するのが嫌なのでしょう。本物の世子が相手でも王妃にはなれないとおっしゃいますか?お嬢様が知っていたイソンは獣のようにいくら殴られても耐えるしかない貧しい家の子。両班たちには従うしかなく いくら腹が減っても主人が投げてくれるものしか食べられない人間ですか!そんなイソンにとって お嬢様はどのような存在だったと思いますか?と

怒ります。

カウンは、今 私にとって あなたはどんな王だと思う?父の敵と手を結び民を苦しめ、昔の友を欺き裏切る偽物よ!と責めます。

王イソンは、でしたら本物は一体お嬢様に何をしてくれたのですか?

お父上の命を奪ったのですよ!私はお父上の身分を回復させました。

本物はただ お嬢様を苦しめただけだというに…なぜ忘れられないのですか?お望みはなんでも叶えてあげますから側にいてください。お嬢様を得るためなら何をするか分かりませんよと忠告します。

一方、世子イ・ソンは、王座を取り戻して辺首会を倒すことを決意します。

まずは王宮の中へ入る作戦を立て、メヒャン義父である尚膳(さんそん)に協力を求め説得します。

カウンは王宮の温室に入り、世子の身分を証明する文書が入った胎壺を捜しますか見つからないのでした。

「仮面の王」イソンは自分が本物の王になるために、宴の日、公の場で仮面を外す計画をテモクに明かします。

その話を聞いた世子は、その宴の日、皆の前で私が本物であることを証明し王位につくと宣言します。

ー宴の日ー

世子は尚膳たちのおかげで無事王宮に入り込むことができます。

世子と王イソンの直接対決となり、臣下たちは戸惑い、どちらが本物ですか?と大騒ぎになります。

つづく

仮面の王イ・ソンあらすじ18話

(感想)

カウンは胎壺を見つけることができるかしら?

仮面の王イ・ソンあらすじ16話

世子イ・ソンは、辺首会の首領テモクに大量の毒を飲まされて動かなくなり、山に捨てられるのでした。

世子イ・ソンは生きていましたが、周りは死体だらけでした。

一方、ウ・ボたちは世子が死んだと思って、悲しんでいました。

「王」イソンは、世子がいなくなり、本物の王として振る舞い始め

母親と妹を王宮に呼び、仮面を取り正体を明かすのでした。

イソンの母親はカウンに、なぜイソンがなぜ王様のフリをしているんですか?と尋ねます。

カウンは、イソンは何にも言わなかったの?と問います。

母親は、何も知らなくていいと言われました。それからなんの心配もせず王宮で暮らせと…私はお金も地位も入りません。今すぐ一緒に家に帰ろうと言いたいんです。いけませんか?もしあの子が偽物の王と知れたら…と不安感を口にします。

カウンはそんなイソンを心配します。

一方、世子の死を悲しんでいたファグンでしたが、再び祖父テモクのもとで仕事を始めます。

ファグンはチムの花畑を全部燃やし、お祖父様が最も大事にしているものを私も奪ってやると密かに大きな決心をしていました。

その頃、世子はチムの花畑に侵入し、子供たちが素手で毒に触っているのを見て驚愕します。

ウ・ボたちは、チムの花畑を探していました。

そこへメチャンが現れ、私もチムの薬を作っていたのです。何かお力になれるかも知れませんの告げます。

毒の材料である大切なチムの花畑への侵入者の報告を受けたテモクは、ファグンに調べに行かせます。

護衛のチョンウンを助けるためにいた世子とファグンが鉢合わせになり、ファグンは世子が生きていることを知り喜びます。

世子はここにいる子供たちを救いたいとファグンに頼みます。

ファグンは世子に協力します。

ファグンは世子と子供たちを逃すと、チムの花畑に火を放ちます。

つづく

仮面の王イ・ソンあらすじ16話

(感想)

ファグンはなんて素敵な女性なの‼️

でも護衛のコンが可哀想…😭