仮面の王イ・ソンあらすじ20話(最終話) ウ・ボは解毒剤を作るためにチヌの花をどう使うのか分からず困っていました。 そこに、ファグンの父親が現れ、解毒剤の処方を教えてくれ、毒を飲んでいない者には、解毒剤は猛毒となることを告げます。 王となった世子イ・ソンは、水売りたちが飢え死にすると騒いでいると聞かされ、テモクにそそのかされたジュンクな民を武力で静めてはならぬと命じます。 そんな中、ウ・ボは解毒剤を完成させます。 辺首会の毒に侵された重臣たちは解毒剤を信用できないと飲もうとせず、辺首会の首領テモクに命乞いに行かせてくれとイ・ソンに訴えにきます。 そこでカウンが効き目を証明しようと自らチムの毒を飲み、そして解毒剤を飲んでみせますが、意識を失い倒れてしまいます。 しばらくするとカウンは目覚めます。 王イ・ソンは兵を率いてテモクの屋敷へ向かい、辺首会は大罪を犯した!王宮で王を殺め、市場では民から金を絞り取り、罪なき者を死へと追いやった!よって天と神に代わり辺首会を成敗する!皆武器を置いて投降せよ!抵抗すれば容赦はしない!半刻猶予をやる。それまでに投降すれば命だけは許してやろうと告げます。 半刻が過ぎ王イ・ソンたちはテモクと残党と最後の対峙をします。 テモクは自ら死にます。 王宮に戻ってきた王イ・ソンはカウンを抱きしめます。 王イ・ソンは友のイソンに解毒剤を渡します。 イ・ソンは賎民のイソンに、お前に私の身代わりを頼んだ時は それがどれだけ危険なことか... 続きを読む Read More | Share it now!

仮面の王イ・ソンあらすじ16話 世子イ・ソンは、辺首会の首領テモクに大量の毒を飲まされて動かなくなり、山に捨てられるのでした。 世子イ・ソンは生きていましたが、周りは死体だらけでした。 一方、ウ・ボたちは世子が死んだと思って、悲しんでいました。 「王」イソンは、世子がいなくなり、本物の王として振る舞い始め 母親と妹を王宮に呼び、仮面を取り正体を明かすのでした。 イソンの母親はカウンに、なぜイソンがなぜ王様のフリをしているんですか?と尋ねます。 カウンは、イソンは何にも言わなかったの?と問います。 母親は、何も知らなくていいと言われました。それからなんの心配もせず王宮で暮らせと…私はお金も地位も入りません。今すぐ一緒に家に帰ろうと言いたいんです。いけませんか?もしあの子が偽物の王と知れたら…と不安感を口にします。 カウンはそんなイソンを心配します。 一方、世子の死を悲しんでいたファグンでしたが、再び祖父テモクのもとで仕事を始めます。 ファグンはチムの花畑を全部燃やし、お祖父様が最も大事にしているものを私も奪ってやると密かに大きな決心をしていました。 その頃、世子はチムの花畑に侵入し、子供たちが素手で毒に触っているのを見て驚愕します。 ウ・ボたちは、チムの花畑を探していました。 そこへメチャンが現れ、私もチムの薬を作っていたのです。何かお力になれるかも知れませんの告げます。 毒の材料である大切なチムの花畑への侵入者の報告を受けたテモクは、ファグンに調べに行かせます。 護衛のチョンウンを助けるためにいた世子とファグンが鉢合わせになり、ファグンは世子が生きていることを知り喜びます。 世子はここにいる子供たちを救いたいとファグンに頼みます。 ファグンは世子に協力します。 ファグンは世子と子供たちを逃すと、チムの花畑に火を放ちます。 つづく 仮面の王イ・ソンあらすじ16話 (感想) ファグンはなんて素敵な女性なの‼️ でも護衛のコンが可哀想…😭 ... 続きを読む Read More | Share it now!

仮面の王イ・ソン あらすじ1話

〝朝鮮王朝時代 秘密結社の辺首(ピョンス)会は強大な影の勢力として暗躍していた〟

辺首会の首領テモクはクムニョン大君に(イ・ユン)に、この世で最も強い毒を含ませることができるチムの花を使った丸薬は一度口にしたら一生飲み続けねばならず、飲むのをやめれば含ませておいた毒が一気に広がり死に至ります。

月が満ちるたびにチムの丸薬を飲まねば胸を割く痛みに襲われ命を落とすでしょう…それでも辺首会に入会をなさいますか?と詰め寄ります。

クムニョン大君は、よかろうと言うと、差し出された丸薬を飲み、

いかなる代償を払ってもよい!王になるのだ!私がこの国の王になるのだ!と叫びます。

王位を狙っていたクムニョン大君は辺首会に入会し、彼らの協力で王位に就きます。 Read More →