千秋太后(チョンチュテフ)80話(最終話)

「夢を受け継ぐ者」

長きに渡る戦が終わると、顕宗はこれ以上人の命を犠牲にしたくないと考え
戦時中に自分を裏切ったキム・シモンらを罰せずに降格処分にとどめ、
今後 罪を償うつもりで国のために貢献するように命じます。

一方、千秋太后は旧領を取り戻す夢を捨てきれなず、黄州小君を連れ戻すため
女真人の村を訪れます。

女真族の首長モブルラは、何かの間違いでしょう。ここは女真族の小さな村です。
太后様のご子息を保護したのであれば高麗の朝廷に報告していますとウソを言います。

千秋太后はフィギョンに、私は長男に先立たれた。唯一 生き残った息子に会わせてくれ。
息子を失った母の思いはよく分かるだろうと説得します。

トギョンは千秋太后に、トギョンを母と慕いクム・ジュンと名付けられた小君を会わせ、
この子は小君ではない。我が子だ。この子は大帝国の基盤を築きます。ただし高麗では
なく女真族の国です…それがクム・ジュンの運命なのです。この子の成功を祈って
いてくださいと告げます。

その頃契丹の地で復讐を果たす機会を狙っていたユ・チュンジョンは、ついに
決行の日を迎え、アン・ぺとヒョヌンに毒入りの酒を飲ませるため自ら
も毒入りの酒を飲んで敵討ちをします。

千秋太后(チョンチュテフ)80話(最終話)後半

一方、千秋太后はガムチャンに、私が小君を連れ戻し皇位に据えようとしたら…
私に力を貸してくださいますか?と問います。

ガムチャンは、あまりに不謹慎です。皇位ですと…?まさか謀反を起こす
おつもりですか?と聞きます。

千秋太后は、その時には私の敵になりますよね?と問います。

ガムチャンは、国が安定しかけている今、再び高麗を混乱に陥れるのですか?
小君はチヤンの子でもありますと答えます。

千秋太后は、このままでは悔やまれてなりません…契丹を征服する夢をあきらめるのも…
先帝が非業の死を遂げたのも…カン・ジョ将軍の死が汚されるのも不本意です…
チヤンを重用したがために私の志や善意まで否定されるのは無念なのです。
悔やんでも悔やみきれません…と涙を流します。

ガムチャンは、太后様の国に対する忠誠心は よく存じております。ですが
心から国を思うなら その悔しさを胸に納めねばなりません…今回の戦で散った
名もなき兵士たちも、それぞれ無念のうちに命を落としたはずです。
生涯 悔いが残るかもしれませんが、この高麗のため忘れ去らねばなりません。
それが太后様が最後になさるべきことですと進言します。

千秋太后は、では我が子は?小君はどうなってしまうのですか?と聞きます。

ガムチャンは、私が小君を必ず守ってさしあげましょう。
陛下に進言し小君の安全が脅かされぬようにいたします。むしろ小君は
亡くなったものとお思いください…流れ去った水は元には戻れぬのです。
これは太后様がカン・ジョ将軍に語った最後の言葉でしょうと慰めます。

ー8年後ー
契丹のソ・ベアブが10万の兵を率いて再び高麗に侵攻した。

契丹軍は当初ガムチャンの軍に三橋川で敗北したものの、その後破竹の勢いで
南下を続けますが、開京間近の金効駅で高麗軍の反撃を受け敗走します。

その契丹軍を迎えたのはガムチャンと20万の高麗軍であった。

1019年2月「高麗史」によると この戦闘後契丹兵の死体が平原を覆い
高麗は数えきれないほどの兵器や馬を奪ったそうだ。

また10万の契丹軍のうち生還した者は数千人のみで これほどの惨敗は契丹史上
後にも先にもなかったという。

年をとった千秋太后の所に小君が会いに来ます。

小君は、育ての親に全てを聞きました。お元気なうちにお訪ねしようと
思いつつも 機会がなく…と話します。

千秋太后は、お前が…これほど立派に成長したとは…誰が何と言おうと
お前は私の息子だ…ジン…

小君は、はい。太后様は私の生みの母です。されど私を育てたのは広野の風と
女真族の勇気です。太后様と亡き父が抱いていた夢は存じております。息子を失われても
その夢は生き続けています…私が あの広野で太后様の夢をかなえましょう。
私にできなければ私の子孫が成し遂げてくれます。これを申し上げたくて
参りましたと告げます。

千秋太后は、この地では生きられぬ運命なのだ…そうせよ。ただしこの高麗を敵に
回すでない…これがこの母の最後の頼みだ…と涙を流します。

1029年千秋太后は黄州明福宮で安らかな眠りについた。

その2年後の1031年 顕宗が逝去し、その2ヶ月後には契丹の聖宗が没した。
また その1ヶ月後 ガムチャンがこの世を去った…

そして千秋太后の望み通り高麗では以後150年もの間、平和で豊かな時代が続いた…

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ80話(最終話)
(感想)
千秋太后は男まさりの性格で、夫運が悪かったっていう
イメージだったな〜

子供を2人産んでも、自分では育てられない運命を受け入れなければ
ならない可哀想な人だった…

高麗のために生きた人生だったのね…

千秋太后(チョンチュテフ)79話

「長き戦いの果て」

黄州小君はクマの住む洞窟でたった1人で、クマの乳を飲み5日間生き延び戻ってきます。

女真族の大首長は、この子が女真族を1つにまとめ、さらには その子孫が
大帝国を築き上げることになろう!この子は私の後継者として育てる。
この子の名はキム・ジンだが 今日からその名をグム・ジュンに改める。
そして将来この子の姓〝金〟が国の名前となる!高麗はもちろん、契丹までをも
震え上がらせる女真族の大帝国の名になるのだ!と叫びます。

一方、黄州小君が女真族の後継者になったとは夢にも思わず、息子に会えない
運命を呪い涙にくれていました。

一方、退却中の聖宗が近くにいることを知ったヤン・ギュとキム・スックンは、
彼の首を取るべく命をかけた最後の戦いに臨み戦死します。

契丹は高麗を征服できずに退却します。契丹が退いた翌年の2月、顕宗は
開京に戻ってきます。

顕宗は千秋太后に、朕は政争と反目の時代を終わらせたいと告げます。

千秋太后(チョンチュテフ)79話後半

千秋太后は、話になりません!国のためにも延興宮主らを許せばべいかを侮り国に
害を及ぼすでしょうと反対します。

顕宗は、私田の小作料の引き上げも行わぬつもりです。太后様の意図は
よく理解していますが あまりに急進的です。国をまとめるどころか地方の反乱を
招いてしまいますと話します。

千秋太后は、渤海や高句麗の旧領を取り戻すため契丹を滅ぼさねばなりません。
それには大軍が必要でしょうと説得します

顕宗は、北進政策についても賛成しかねます。多くの民が血を流すことになるからです。
今は戦を避け内政を充実させねばなりません。領土を広げるために民の犠牲が
避けられぬのなら、領土より安定を選びますと宣言します。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ79話
(感想)
千秋太后とチャンの息子の黄州小君は神がかってるね〜
やっぱり大物になりそうね(o^^o)

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ78話

「因縁の対決」

ヤユル率いる部隊に囲まれた顕宗一行は、駆けつけた千秋太后に間一髪のところで
助けられます。

千秋太后は顕宗にカン・ジョが100人を相手に戦い壮絶な死を遂げたと
伝えます。

千秋太后は、アン・ぺとヒョヌンが先帝の死に関与しているからこそ契丹に
寝返ったのです。真相を暴かれるのを恐れ敵に投降し高麗軍を陥れたのです。
カン・ジョは先帝の暗殺を謀ってなどいませんと訴えます。

その頃、ヤン・ギュらは、契丹軍に奇襲をかけ、兵糧を破壊し捕虜の救出することに成功します。

同じ頃、イ・ヒョヌンとアン・ペに復讐をするためユ・チュンジョンが契丹軍に行き、
カン将軍が亡くなり行く当てもないので投降したとウソをつきます。

一方、千秋太后から黄州小君が生きていると聞かされたガムチャンは
太后様は小君に会われてはなりません。小君は太后様の子であると同時に
チヤンの子でもあります。あの男は小君を即位させるため反乱まで起こしました。
小君が見つかれば死を免れぬでしょうと進言します。

千秋太后は、生きていると知りながら 一生 会えぬと言うのですか?と問います。

ガムチャンは、残念ながら辛抱なさねばなりません。それが小君の命を
守る道ですと説得します。

千秋太后は、延興宮主と その取り巻きの大臣らも 小君の生存を知っています。
戦が終われば小君を殺そうとするでしょう…またも我が子が死ぬのを黙って見ていろと?
と涙を流します。

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ78話後半

一方、トギョンと女真族の大首長たちは、小君が洞窟に入って5日たっても
出てこないため、言い伝えはでたらめだったかと帰ろうとします。

トギョンは、小君は我が子も同じだ。よくも殺したなと激怒します。

その時、洞窟の中から黄州小君が出てきます。

トギョンは黄州小君を抱きしめます。

つづく

千秋太后(チョンチュテフ)あらすじ78話
(感想)
トギョンが黄州小君を我が子のように思ってくれて、
黄州小君もトギョンのことを母上と呼んでいたので少し安心したわ〜
千秋太后って、男運に恵まれないね(涙)