見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ54話(最終話)

「愛が雌雄(しゆう)を決す」

拓跋濬(たくばつしゅん)と李未央の2人は毒に冒されて、その解毒剤は一粒しかなく、拓跋濬は拓跋余から受け取り李未央に飲ませます。

解毒剤を飲んでいない拓跋濬は吐血し倒れます。

李未央は拓跋濬が解毒剤を飲んだと聞いていたのに、なぜ吐血したのか分からず拓跋余を責めます。

拓跋余は、薬は 一粒だった…拓跋濬はそなたを救うために命を捨てたのだ。これほどの愚か者がいるとは…と勝ち誇ったように言います。

李未央は、死なないで拓跋濬…あなたがいなければ 私は1人で生きていけないのに…と泣きます。

するとそこに、拓跋余の窮地を知った李常茹(りじょうじょ)が現れ、剣を手にまっすぐ李未央に向かいます。

それに気がついた拓跋余は李未央をかばい死んでしまい、李常茹も後を追います。

太極殿で李未央は拓跋濬と婚礼をあげ、ようやく結ばれるのでした。

一方、拓跋廸は目覚めます。李敏徳は彼女を娶ると約束します。

長楽は、奴婢として屋敷に幽閉。

景穆太子への告発は拓跋余の謀略であったため潔白を証し景穆皇帝の尊称を贈ります。

幽閉されている長楽皇帝になった拓跋濬に、私があなたの母を殺したと告げます。

拓跋濬は長楽に自害せよと命じます。

長楽は毒酒を飲み死にます

承徳と君桃は結婚し幸せに暮らします

月日は流れ李未央は、息子の拓跋弘(たくばつこう)を産みます。

徐々に拓跋濬は毒に冒され、残りわずかな命となります。

拓跋濬は李未央とことを弾きながら亡くなります。

李未央は魏の皇太后になるのでした。

王女未央 あらすじ54話(最終話)

(感想)

やっと結ばれたのに、拓跋濬は毒に冒されて最後まで具合悪そう😭

李未央は息子を産み、最後は魏の皇太后になっちゃうんだよ‼

やっぱ愛される女性は強いね😅

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ53話

「以心伝心の賭け」

拓跋濬が乱心したか確かめるために拓跋余は李未央の前で、

拓跋濬が毒を口にするかどうか試します。

拓跋余は拓跋濬が錯乱したと確信し、彼を放免します。

一方、ひそかに李未央に毒を盛った李長楽は、その罪を着せるため

男の子を産んだ李常茹を宮女として宮中に潜伏させます。

様々な思惑が交錯する中、拓跋余と李未央の盛大な婚儀が行われます。

その時、拓跋濬が現れ、皇位を奪った者を今日こそ葬る!と叫びます。

そして、李敏徳も柔然の兵士と共に乱入してきます。

李未央は重臣たちの前で、皇位の継承者は拓跋余ではなく高陽王 ・拓跋濬でした。景穆太子(拓跋濬の父)を陥れた真相を先帝に知られ

拓跋余の間者・宗愛が先帝を殺したのです。先帝は遺詔を残しただけでなく歴代の皇帝が口授する秘密を伝えた。〝宮中に秘密の抜け道がある。太極殿内から都の外へとつながる道だ。この道は謀反や反乱に備えたものだ。歴代の皇帝は継承者に口授してきた。他の者は知ってはおらぬ。この秘密を必ず拓跋濬に伝えるのだ〟と伝えられました。

だから私たちは反撃できたと話します。

拓跋濬は拓跋余に、解毒剤を渡すように言います。

そこに、長楽が君桃に連れられてきます。そして、李未央にも同じ毒を盛ったと明かします。

李未央も毒がまわり倒れます。

解毒剤は一粒しかなく、李未央か拓跋濬のどちらかの命しか助けられないのでした。

拓跋濬は李未央に解毒剤を飲ませます。

拓跋濬は血を吐き倒れます。

つづく

王女未央 あらすじ53話

(感想)

次は いよいよ最終話。拓跋濬は死んじゃうのかな…

ここで死んだら あまりに可哀想😭😭

最終話て逆転はあるのかな❓

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

王女未央 あらすじ52話

「すべてに代えても」

拓跋余(南安王)は李家の家族を人質に取って李未央を脅し、太武帝の遺詔を偽証させて皇位を手にしようとします。

その頃、拓跋濬(高陽王)は拓跋余に陥れられ、ひどい拷問に受けていました。

拓跋余は拓跋濬に、太武帝が宗愛に殺されたと言います。

拓跋濬は、宗愛は貴様の駒だろ。おじい様を殺すとは断じて許さぬと

激怒します。

拓跋余は、私が即位したら未央を皇后に立てる。その時は盛大な婚儀を執り行う。お前も出るか?と聞きます。

拓跋濬は、お前には渡さぬと泣き叫びます。

そんな中、拓跋余は重臣たちの前で、拓跋濬(高陽王)は柔然と結託して謀反を企てたから牢獄したと伝え、長楽を証人として呼びます。

拓跋余に脅された李未央も、陛下が崩御された時 私は おそばにおり

遺詔を託されました…陛下は皇位を南安王にと嘘の証言をし、玉璽を

見せます。

李未央はその窮状を身を隠している君桃に知らせるためこっそり母の七姨娘(しちいじょう)に文を託します。

李未央は拓跋余に、拷問を受けている拓跋濬(高陽王)の所に連れて行かれます。

李未央は拓跋濬(高陽王)を助けたい一心で三つの条件と引き替えに拓跋余に嫁ぐことを決心します。

条件の1つ目は、父の汚名をそそぐこと。2つ目は李家を利用しないこと。3つ目は、拓跋濬(高陽王)を放すことだと言います。

拓跋余は、分かったが私にも1つ条件がある。そなたは心から望んで朕に嫁げと命じます

李未央は拓跋濬(高陽王)に別れを告げに行き、もうじき私は拓跋余

皇后になる…過去のことは忘れて今後は お互い別の道を歩みましょう。家族とあなたの命が脅しの道具にされたの。私たちの愛は大勢を

傷つけてきた。そんな愛は手放すべきよ。私たちが別れればすべては丸く収まる…と告げます。

拓跋濬(高陽王)は、私たちは誓い合い、共に苦難を乗り越えてきたではないか…永遠に離れないと誓ったではないか…と言います。

李未央は、覚えてるわ だから何?そんな誓いに 一生こだわれと?あなたは今や囚人で陛下は天子よ!望めば何でも下さるわ!と泣きながら冷たく突き放し、あなたは柔然と手を組むしかないのと!と告げます。

つづく

王女未央 あらすじ52話

(感想)

女の恨みは怖~😱😱

長楽も心が病んでるのかもね💦