見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ15話

ソヌはジディに剣を向け、おまえが王なのかと問い詰めます。

ジディを必死にかばおうとしたアロは、ソヌの剣に腕を斬られてケガをしてしまいます。

ジディはアロに包帯を巻いてやり、お前の兄なのに なぜ私をかばった?と問います。

アロは、世の中の人が敵に回っても自分の味方をしなきゃ 。たとえ愚かで無力でも自分を信じること そうでしょ?と言います。

ソヌは、ジディが王ではないかと思い始めます。

そんな中、国境付近で南扶余(百済)の挑発が続きます。

ヨンシルは只召太后に、南扶余と和平を結ぶか、戦をするかを決定するよう迫ります。

只召太后は、和親のために軍隊ではなく叔明王女と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言します。

その頃、アロはソヌに避け続けられ心を痛め、いつまで避け続けるの?一生 会わないつもり?これからも私のそばにいるんでしょ?と

勇気を出して言います。

ソヌは、何も言わずに立ち去ります。

ソヌはジディに、お前が王だと分かったら殺してやると警告します。

ジディは、私を疑わないでくれ。王より お前の友でいたい。何と思われようと これは本心だと告げます。

ソヌは、友がどんなものか お前は知らない。お前を見逃すのはアロが かばうからだ。怒らせるな。正体が分かるまでと忠告します。

そんな中、花郎たちは和親のための使節団の志願者を募ります。

叔明王女に呼び出されたアロは、南扶余に同行を命じられます。

志願したのは、ソヌ、スホ、パンリュそしてジディの4人でした。

只召太后はジディが志願したと聞いて、動揺します。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ15話

(感想)

ジディよりソヌの方が王様っぽい?

心配なのはアロ。叔明王女は何かを企んでる感じだよねー😨

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ14話

〝花中在王〟という掛け軸の文字を目にした花郎たちは、ソヌが王なのではないかとウワサします。

そんなこととは知らないソヌは親友を殺した王を捜し始めます。

ジディは心の動揺を隠して、ソヌに王を捜す理由を尋ねます。

ソヌは、殺す。殺してやると答えます。

一方、ヨンシルはパンリュを呼び、ソヌが本当の王なのか調べるように命じます。

パンリュは、なぜ私がそんなことを?と尋ねます。

ヨンシルは、〝私は お前を王にする〟今の王がいる限り王にはなれんと話します。

只召太后は彡麦宗を刺客から守るためにソヌを偽の王に仕立て上げようと考え、スホを呼んで密令を下します。

只召太后はアンジを訪ね、お前の息子に頼みがある。聞き入れぬなら娘を殺すしかないと脅します。

激怒したアンジは、私の妻と息子を殺し…娘まで殺そうとするあの女と息子を 殺さねば…とつぶやきます。

そんな中、花郎同士の命を懸けた対戦が開催される。

ヨンシルはソヌが王なのか否かを確かめるべく、叔明王女に花郎同士の対戦は意味がないようだから、武術に長けた我が護衛と花郎の代表を戦わせようと提案します。

花郎の代表にソヌが指名され護衛と戦い、ソヌが勝ちます。

その後、ソヌを心配するジディにソヌは、お前が 王か?と剣を向けます。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ14話(感想)

スホ、パンリュ、ソヌの間に何か男の友情!?なるものが

出てきたような感じがしたのは私だけ?

見逃した方は30日間無料なので、さっさと借りて♪その後解約 ^^;
↓↓↓↓

花郎(ファラン)あらすじ13話

アロはソヌがキスしたのを覚えてないのではないか…突然自分を避け始めたのは不自然だし…正気に戻ったら熱が冷めたの?と色々考え

悩みます。

そんなアロの前にソヌが現れ、お前を見ると抱きしめたくなるから…

お前を見ると他の奴らの前で手をつかんで逃げたくなるから…気持ちを抑えるのに時間がかかった…今も抱きしめたいけど このまま抱きしめたら お前が壊れてしまいそう。ごめん…と打ち明けます。

2人はお互いの気持ちを確かめ合い、幸せに浸ります。

そんな中、叔明王女はウィファの元を訪れ、花郎の武芸を鍛えるために誰かが命を落とすまで対戦させるように命じます。

一方、ソヌは腕飾りをなくしてジディと探していましたが、その様子をじっと見つめる花郎徒がいました。

その腕飾りはジディのもので、王の印なのでした。

只召太后からアロの暗殺を命じられた叔明王女は、アロに私の主治医になってほしいと頼み、狩り場にアロを呼び出して矢を放ちます。

それを見たソヌはアロの前に飛び出て矢を受けてしまいます。

ジディは逃げていく叔明王女を追いかけて行き、何の真似だ!2度と

こんな真似はするな!私が許さぬ。あの娘に手を出せば次は断じて許さぬぞと警告します。

アロは泣きながらソヌの治療をします。

一方、パク・ヨンシルは王の印が入った腕飾りが仙門に落ちていたこと、そして持っていたのはアンジの息子ソヌだと知り、花郎の中から彡麦宗をあぶり出す計画を立てているのでした。

そんな中、仙門に〝花郎の中に王がいる〟と紙が飛んできます。

ソヌは、マンムンを殺した奴だ…王…一体誰だ…と思います。

その頃、花郎たちはソヌが王だとウワサしていました。それはソヌがしていた腕飾りを見た者がいたからでした。

ソヌを賎民だと蔑んでいた皆んなの見る目が変わります。

つづく

花郎(ファラン)あらすじ13話(感想)

私、このドラマ最初面白くなくて途中で見るのやめようかと

思ったんだけど、叔明王女が出てきてから面白くなってきたのよ‼

途中でやめなくてよかった😂