↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ33話

「酒宴の悲劇」

林致と離縁した李倓は酒に溺れていました。

李倓は珍珠から、林致が記憶を失い自分のことを忘れてしまったと聞かされショックを受け、自暴自棄になります。

皇太子妃は従姉妹の娘の竇蓮児(とう れんじ)を李丹の新しい王妃にしようと画策していました。

しかし、林致を忘れられない李倓は蓮児と結婚しないと拒みます。

そんな中、李倓が竇如知(とうじょち)と口論となり刺し殺してしまいます。

報告を受けた李俶は信じられないと急いで陛下の元へ向かいます。

楊国忠は、李俶が弟の李倓を救うため自滅するように李倓を罠にはめたのでした。

身柄を拘束された李倓は、陛下が反論の機会を与えても黙秘を続け、父や兄の助けすら拒否します。

李俶は弟を救おうと手を尽くしていました。

珍珠も牢にいる李倓を訪ね、落胆ぶりを見せれば林致が同情すると?

彼女は来ません。まさか 殿下が捕らわれたと聞けば林致が記憶を取り戻し駆けつけるとでも?思い上がるのはやめてください。今の林致にとって殿下の話は巷に流れる噂と大差ありません。彼女にとって新しい薬を作るほうが重要でしょうと話します。

李倓は、分かっていると答えます。

珍珠は、林致に対する罪悪感から命を捨てるつもりですか?そんなことをして過ちを償えるとでも?と問います。

李倓は、林致がいなくなり生きる意味を失ったからだ。もう二度と元には戻れぬ…自分が恨めしく命を絶ってすべて終わらせようかと…だが川辺で会った林致は私のことを忘れて幸せそうに笑っていた…その姿を見て救われた思いがした。義姉上 私は生きたい。残りの人生は遠くから彼女を見守っていくと告げます。

珍珠は、少しは気骨がありましたね。生きたいならなぜ反論しなかったのですか?李俶は殿下の免罪を晴らそうと日夜 奔走しているのですよと言います。

李倓は、これ以上 関わらぬよう兄上に伝えてくれ。私は感情を抑えきれず林致を失った。兄上まで失いたくないと話します。

珍珠は、当時の状況を詳しく話してくださいと言います。

李倓は、あの日 私は酔っていた…竇如知の言葉で頭に血が上り謝らせようと剣を向けたのだ…と説明します。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ33話

(感想)

珍珠は李俶を守るため李倓に殺した時の状況を話すように

説得する姿は凛としているよね~

真っ白い珍珠を見ていると天女のようです☺️☺️☺️


↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ32話

「偽りの麒麟令」

珍珠の弟・安の話から何霊依の正体に疑問を持った李俶と珍珠は、

何霊依の〝主〟とは李俶ではなく、別の人物だと分かります。

他に黒幕がいたと知った珍珠は李俶に、私が愚かだったと謝ります。

そこで偽物の「麒麟令」を使って何霊依に罠を仕掛けることにします。

2人の思惑どおり「麒麟令」を盗んだ何霊依が向かった先は、楊国忠の屋敷でした。

珍珠は沈家の本当の敵は李俶でなく、楊国忠であったことを知ります。

そんな中、何霊依の居所から火が出て、3体の遺体が見つかり、

その中に何霊依の遺体もあったことから口封じされたのではないかと

は考えます。

そんな中、珍珠に沈家の墓を移設するから長女として取り仕切ってほしいと呉興から文が届きます。

珍珠は すぐに発たなければならず、李俶が不在で伝えることができないため、誤解を生まないためにも張太監に李俶宛ての文を預けます。

それを見ていた崔彩屏は珍珠の文を張太監から、自分が李俶に渡すと言って受け取ると破り捨ててしまいます。

李俶はまた珍珠がいなくなると勘違いし薄情だと珍珠を責めます。

珍珠は李俶に二度と離れないと愛を誓います。

珍珠の口から愛の言葉を聞いた李俶は、誤解が解け再び心を通じ合わせます。

そんな中、皇太子妃が男の子を生みます。

一方、楊国忠は偽物の「麒麟令」をつかまされたことに気づき、

李俶に恨みを募らせます。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ32話

(感想)

李俶と珍珠の誤解が解けて良かったよね🥰🥰🥰

でも この2人の痴話げんかは犬も食わない感じ😓😓


↓↓見逃した方どうぞ!↓↓
麗王別姫~花散る永遠の愛~U-NEXTで1話無料です!

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ31話

「姉と弟」

瀕死の李丹は林致の看病で目覚めることができます。

林致は李丹に、一生 外さないで2人でつける約束した同心結びを返し

立ち去ります。

李丹はベッドの上で号泣します。

離縁状と同心結びを李倓に返した慕容林致は、広平王府に戻ってすぐに沈珍珠に、もう疲れたわぐっすり眠りたいわと言うと倒れてしまいます。

一方、可汗は珍珠に、李俶が麒麟令のために沈家を襲うなど無意味で手間のいることをするはずがないと誤解を解こうとします。

珍珠は、ですが人は変わりますと頑なな態度をとります。

可汗は、分かりやすい証拠など残すものか。賢い君が自分ことだと意固地になるのは何故だ?私と妻の失敗を繰り返すなど助言します。

長い眠りから覚めた林致は心の病で、李倓と出会ってからの記憶を無くしていました。

一方、李俶は珍珠の弟・沈安が見つかったという知らせを受け、王府へ連れ帰るよう命じます。

沈家を襲ったのは何霊依ではないかと疑っていた李俶は、沈安の反応を見ようと私兵の何霊依(かれいい)を王府に呼びます。

何霊依の姿を見た沈安はおびえだし、駆けつけた珍珠に抱かれてようやく落ち着きを取り戻すと、何霊依を指差し〝人殺し〟と言います。

珍珠は、やっぱりあなたが 珍家を襲ったのね!そして李俶にあなたが命じたのね!と責めます。

李俶は、何霊依が沈府で人を殺したとしても当然だ。珍家を守るために敵と戦い深手負って逃げ帰ったのだ。安はその現場を見ただけ。

それより君は私の命に背いた。安家と関われば許さぬと言ったはずだ。なのに何をした!広平王府に安慶緒の間者が入るとは!と

怒り軟禁します。

李俶は何霊依が尻尾を出すまでは安心できない。珍珠は真相を知らぬゆえ何かしでかすかもしれぬと考えたのでした。

李俶は安が何霊依に命を狙われているため、林致の元に預けます。

軟禁された珍珠は、崔彩屏を挑発し逃げようとしますが、すぐに

李俶に見つかってしまいます。

つづく

麗王別姫~花散る永遠の愛 あらすじ31話

(感想)

珍珠の弟の安が見つかって、本当に良かったわ🤗🤗

珍珠にとって、たった1人の身内だものね💦

珍珠が李俶を信じられなくなる気持ちも分からなくもないけど、

愛しているなら、もっと李俶を理解してあげないとね😩😩