麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ20話(最終話)

「想いを胸に」

第14皇子ジョンの家で暮らすことになったスは、心穏やかに暮らしていました。

ジョンは御典医にスを診てもらおうと勧めます。

御典医は、皇宮を出られる時は御子と脈はつかめなかったのですが…

心悸のせいで気力が衰え、ご懐妊で さらに弱まりました。御子にこだわると…と心配します。

スは、私は構いません。子が無事なら よいのですと答えます。

一方、光宗(ソ)は、ジョンとスを監視するように命じていて、報告書が届くと

〝ジョンの武芸の修練を見守って、手を握ると 仲睦まじい〟と書いてあり激怒します。

光宗は、今後はジョンとスの報告をする必要はない。一切 2人の話が耳に入らぬようにしろと命じます。

ー6ヶ月後ー

スは元気な女の子を産みます。

ジョンは、この子は死産だったことに…よいなと命じます。

スは光宗に会いたくて何通も手紙を送ります。

ジョンは、妻と皇帝が同じ筆跡では笑いものだと言って、表書きを自分で書き直します。

しかし、スとジョンの仲を誤解したソは読もうともしないのでした。

ジョンはスをいたわり続けますが、そのうちにスの病状は悪化していきます。

ジョンはスに、スよ…来世でも私を覚えていてくれるか?と聞きます。

スは、いいえ 忘れます。全て忘れます…とジョンの胸の中で亡くなります。

光宗は、スが亡くなったと聞いて、何通ものジョンからの手紙を開け

悲しみで涙を流します。

ジョンはペガに宛てた手紙を渡します。

光宗はすぐにスの元に向かいますが、ジョンは今さら悲しむフリは

おやめくださいと告げます。

光宗はスの亡骸を抱きかかえて連れて帰ります。

月日が経ち、スの命日の日、光宗は自分がスに贈った かんざしを、ジョンの娘がしていることに

気がつき、娘は置いていけと命じます。

ジョンはひざまずき、それだけは死んでも できません。この子は

皇宮には入れるなと言われております。恐ろしいところだから行かせたくないと…

スは最後までその心配をしていましたと答えます。

光宗はジョンに、今より帰郷刑は免ずる…皇宮へ来てもよいと告げます。

光宗は皇宮からジモンが出ていき、太陽が消え辺りが暗くなるのを見つめます。

ー現代ー

コ・ハジンは毎晩、顔に傷のある男の夢を見ては涙して目が覚めるのでした。

そんなある日、高麗時代の風俗画展を見て、すべてを思い出すのでした。

麗~花燃ゆる8人の皇子 あらすじ20話(感想)

最後にソが、〝私たちの世が違うのなら 私がそちらに行く…私のスよ…〟と言って

エンディングになるんだわ~~

ソのスに対する愛が深かったことが涙を誘うよね💦


麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ19話

「告白」

スはソに、皇宮を出たいのです…ここから離れたい…もうこれ以上耐えられませんと訴えます。

ソは、なら私は?手放すと思うか?お前は ここを出られぬと言います。

一方、ペガとの婚姻を控えたウヒは、己の身分と愛の間で苦悩します。

第8皇子ウクは光宗(ソ)を圧迫する機会を狙っていて、ウヒを利用してペガをソから離します。

そんな時、ウクは死んだタカを献上したことで〝皇帝を呪った〟と陥れられ謀反の罪に問われます。

それを知ったスは、誰かの罠に決まってます。ウクを助けてほしいと光宗(ソ)に頼み込み、鷹を殺したのは陛下ですね?そしてウク様に濡れ衣を着せたと問い詰めます。

ソは、なぜだ?してはダメか?ウクは兄弟たちを陥れた張本人だ。私の命を狙い、お前との仲を裂いたと怒ります。

スは、これ以上 人を殺めたら業を背負うことになります。極端な

方法で罪を裁けば、皆を敵に回すことになりましょう。歴史に血の君主として残るのは嫌なのですと訴えます。

ソは、分かった。助けてやろう。ウクも帰郷刑に処す。屋敷に幽閉され外には一歩も出られない。あやつは皇位を欲したが狭い家が奴の天下になるのだ。その中で自由を奪われたまま生きるのだと言います。

スは皇位を守るため次第に残忍になっていく光宗(ソ)に絶望し、

ジョンとの婚姻で皇宮を出ることを決意します。

ジョンは先帝から婚姻の許しを得た命令書を光宗に見せ、スは私との婚姻を望んでいますと告げます。

ウクは光宗に、私とスについて告白いたします。私たちは婚姻を約束していました。陛下の女人になる前からスは…私の人でしたと告白します。

光宗(ソ)はスに、あれほどウクの身を案じた訳が分かった…ひざまずいてまで頼んだ訳がやっと分かった。お前がしていた腕輪。洞窟での密会全て本当か?前に他に好きな人がいると言っていたのはウクだったのか?と尋ねます。

スは、はい…そうです…と答えます。

光宗は、お前は私を愛していなかった…触れるでない!もう二度と

お前に会わぬ…と立ち去ります。

スはジョンと婚姻することになり皇宮を出ます

スはウクに、私を皇宮から出すために陛下に打ち明けて下さったのでしょう。分かっていますと感謝します。

つづく

麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ19話(感想)

スが皇宮を出る時、心の中でつぶやいていた言葉が印象に残った💦

出会っていなければ これほど恋しがることもなかった…

知らなければ こんなに思い出すこともなかった…

一緒に過ごさなければ このように去ることもなかった…

慈しまなければ これほど記憶に残ることもなかった…

愛していなければ 互いに捨てることもなかった…

出くわさなければ 共にいることもなかった…

いっそ…あなたに出会わなければよかった…

スはソを愛していたからこそ離れることを決断したんだって分かって

胸が痛んだわ😭

麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ18話

「母への想い」

ヨナはスに、陛下(ソ)と婚姻する。私は皇后になるのだと言います。

スは、陛下のお言葉以外は信じませんと答えます。

ヨナは、陛下でも言いづらいことがあるのではないか?豪族は陛下を廃位させたがっている。西京への遷都が白紙となり不満が多い。

そなたはこの部屋で陛下を待つことしかできない。それともう1つ

皇帝の妻は体に傷があってはならぬと告げます。

そんな中、ジモンはスに、陛下との婚姻は諦めてください。陛下は諦めないでしょうからお嬢様が説得を…と話します。

ソに求婚されたスは、私は慰めることしかできないから、婚姻はできません。皇后や夫人になれば…皇宮の掟に縛られます。好きな時に陛下にお会いできなくなる。私に そんな暮らしは無理です…私は平気です…と答えます。

ソは、手放すものか。お前は私の人なのだ。私の皇后はお前だけだ…と抱きしめます。

その後、ソは豪族とウクの圧迫をはねのけられずヨナを皇后に迎えることになります。

婚礼の日、第14皇子ジョンは傷心のスを慰め、〝望む〟と言えばいつでも皇宮から出してやると約束します。

ソは、即位に伴い年号を改め〝光徳〟と定め、自分に刃向かった弟

ジョンを謀反と同等の罪に問い帰郷刑に処します

スはジョンが極刑の次に重い罪の帰郷刑で、二度と松嶽には入れないし忠州の実家に幽閉されると聞いて陛下を説得しようとしますが、

ウヒとペガに止められます。

ソは第9皇子ウォンに、ム兄上の湯に水銀を入れたのはウク…そうだな?ウクの屋敷にいたチェリョンはお前の奴婢だろ?あの者を茶美園に入れたのもお前とウクだった…と問い詰めます。

ウォンとウクを監視し、ウォンがチェリョンを使いスを監視し、ウクに報告していたことを突き止めます。

ある日、スはソの命令でチェリョンが殴り殺される現場を目撃してしまいショックのあまり気を失います。

スはソに、なぜなの?どうしてあんなことを!殴り殺すなんて…と

睨みつけます。

ソは、チェリョンはずっとお前を探ってた。私たちの仲をウォンに報告してた。ウクの母にも知らせた。お前は他国の間者だと疑われた。

婚姻が阻まれたのはあの娘のせいでもある。ム兄上に水銀を使ったのもチェリョンだと事実を話します。

チェリョンが書いた手紙を見つけたスは、字も書けないし読めないと言っていたとがウソで、彼女はウォンを愛していたことを知ります。

スはペガに、ジョン様に〝望む〟と伝えてほしいと頼みます。

つづく

麗~花燃ゆる8人の皇子たち あらすじ18話(感想)

妹同然だったチェリョンがソに殺されてショックを受けたス。

心臓にかなりの負担がかかったみたいだね…